Japanese (日本語) - Change language

チュートリアル

このチュートリアルでは、2つのFlexiLayoutおよびFlexiLayoutの作成手順の詳細が用意されています。

手順を簡潔にまとめるため、チュートリアルでは1ページからなる文書を使用します。FlexiLayoutはさらに複雑な文書の処理用にデザインされています。%public%\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Samples\FLSから、契約書、インボイス、レター、料金をはじめとする情報をご覧いただけます。

  • ハロウィーン登録フォームセクションでは、シンプルな登録文書向けのFlexiLayoutの作成について記述してあります。ブロックとエレメントの作成方法および簡易の検索制限の設定とフィールドの位置の記述方法も学べます。テスト画像とご利用可能なFlexiLayoutの入ったFlexiLayout Studioプロジェクトは、%public%\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Samples\FLS\English\Halloween Formに入っています。
  • 簡単なレシピのセクションでは、様々な種類のフィールドのさらに複雑な文書をFlexiLayoutで作成する方法をご説明しています。コツや非標準的なアプローチも身につけられるので、フィールドの位置を記す時に役立ちます。試験画像と既製FlexiLayoutを備えたFlexiLayout Studioプロジェクトは次の場所にあります%public%\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Samples\FLS\English\Recipe
  • インボイスセクションでは、柔軟な文書定義(FlexiLayout)でのシンプルなインボイスの作成について説明しています。のブロックとエレメントを作成し、現実的な画像に使用され得るアプローチを学べます。チュートリアルには、ヘルプファイルの様々なセクションへのリンクが含まれています。特にHelp/Tutorial/Sample1Help/Tutorial/Sample2 は、 異なる種類のブロックとエレメント(Tableを除いて)使ってFlexiLayoutを作成する方法や基本的な動作をする方法を細かく記述しています。3つめのサンプルFlexiLayoutは次の場所にあります%public%\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Samples\FLS\English\Invoice One-Page。プロジェクトのテスト画像はインボイスに典型的なもので、標準的なデータフィールドやテーブルが含まれます。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article