Japanese (日本語) - Change language

参照レイアウト

バッチの各画像で参照レイアウトを作成することができます。参照レイアウトは、画像のブロックの所望の位置を示します。参照レイアウトを、手動でまたはFlexiLayoutの合致結果を使用して、作成することができます。ブロックを追加または削除し、ブロックのサイズや位置などを変更しながら、参照レイアウトを編集できます。

参照レイアウトはFlexiLayoutをデバッグする際に使用され、これによって、FlexiLayoutと各画像の所望のブロック位置との合致結果を比較することができます。

参照レイアウトは、参照レイアウトモードで作成されます。ツールバーでをクリックして、参照レイアウトモードに切り替えます。

差異レイアウトモード(ツールバーのボタン)は、参照レイアウトとFlexiLayoutの合致結果の差異を表示します。参照レイアウトのブロックにあるものの、FlexiLayout (領域なし)の合致で検出されたブロックにはない領域は、赤色で強調表示されます。参照レイアウトのブロックにないものの、FlexiLayout (余剰領域)の合致で検出されたブロックにはある領域は、緑色で強調表示されます。バッチウィンドウは、領域なしおよび余剰領域の割合を表示します。

参照レイアウトを手動で作成するには:

  1. 参照レイアウトを作成する画像を開きます。
  2. FlexiLayoutを画像と合致させます。
  3. 参照レイアウトモードに切り替えます。
  4. 画像で必要なブロックを描画します。(ブロック描画ツール使用)
  5. ツールバーでをクリックして、参照レイアウトを保存します。

合致したFlexiLayoutに基づいて参照レイアウトを作成するには:

  1. 参照レイアウトを作成する画像を開きます。
  2. FlexiLayoutを画像と合致させます。
  3. 合致レイアウトを参照にコピーを、バッチメニューまたはショートカットメニューから選択します。
  4. 必要に応じて、ブロックの位置を調整します。
  5. ツールバーでをクリックして、参照レイアウトを保存します。

バッチのショートカットメニューの合致レイアウトを参照にコピーコマンドを用いて、FlexiLayoutと選択したバッチページの合致結果を参照レイアウトとして保存することもできます。

参照レイアウトツール

ブロックの作成および編集コマンドは、閲覧 → 画像 → ツール → 選択にあります。これらのコマンドに対応するボタンはツールバーにあります。

ボタン

選択(ツールバーのボタン)は画像の既存のブロックを選択し、その境界を動かします。

ボタン

ブロックを作成(ツールバーのボタン)は画像で新しいブロックを作成します。

ボタン

場所を描画(ツールバーのボタン)は選択したブロックまたは要素の位置を描画します。

ボタン

区域を削除(ツールバーのボタン)はブロックを画像から削除します。

ボタン

区域部分を追加(ツールバーのボタン)は矩形領域を選択したブロックに追加します。

ボタン

区域部分を切り取り(ツールバーのボタン)は矩形領域を選択したブロックから切り離します。

ボタン

縦区切りを追加(ツールバーのボタン)は縦区切りを選択した表ブロックに追加します。

ボタン

横区切りを追加(ツールバーのボタン)は横区切りを選択した表ブロックに追加します。

ボタン

区切りを削除(ツールバーのボタン)は区切りを選択したブロックから削除します。

ブロック列ショートカットメニュー

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article