Japanese (日本語) - Change language

サンプル2。ステップ4:事前認識

文書要素を作成する前に、フィールドを検索する際にどのオブジェクトが「標識」として文書で使用可能かを知る必要があります(ブロック)。これらは通常、画像または段落で、事前認識中にすべての画像で一貫して検出されます。

事前認識を始めるには:

  1. バッチですべての画像を選択します。
  2. バッチメニューまたは各画像のショートカットメニューで事前認識コマンドを選択します

    表示...

注意:バッチの画像を置換するまたは新しい画像を追加する場合は、事前認識手順を再度踏みます。画像が事前認識されていない場合、画像とFlexiLayoutが合致される時に事前認識されます。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article