Japanese (日本語) - Change language

要素

要素 は、区切り、静的テキスト、写真などの、1つまたは複数の 画像オブジェクト を記述します。要素には、オブジェクトの種類、その幾何学的特徴、可能な位置、他のオブジェクトとの関係に関する情報が含まれます。要素のプロパティで、要素が記述するオブジェクトが検索され、オブジェクトの 区域 が割り出されます。区域は、オブジェクトを囲む1つまたは複数の矩形で構成されます。次に、検出されたオブジェクトで、 ブロック を見つけます。

要素は単純(他の要素を含まない 静的テキスト区切り白ギャップバーコード文字列段落オブジェクト収集日付電話通貨区域 )、および複合( グループ繰り返しグループ最初の発見ラベル付きフィールドヘッダー フッター )になります。ある種類の要素を別の種類の要素に変換することはできますが、複合要素を単純要素に変換することはできません。 要素は単純でも複合でもなく、他の種類の要素に変換することもできません。要素を変換するには、そのショートカットメニューで 次に変換 コマンドを選択します。

要素はその特性によって異なって表示されます:

  • 無効な要素は灰色で表示
  • 必須要素は緑色のチェックでマーク
  • 禁止要素は赤色のチェックでマーク

要素は結合されて、 レイアウト代替 を形成します。プロジェクトツリーでは、それぞれのレイアウト代替が でマークされます。

詳細:

要素の作成および削除

要素特性の概要

検索領域

追加的な検索制限

トレーニング要素

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article