Japanese (日本語) - Change language

ラベル付きフィールド

ラベル付きフィールド名前のあるフィールドの検索に使われる複合要素です。ラベル付きフィールド要素には以下のサブ要素が含まれます:

  • 静的テキストフィールド名を含むもの
  • 白ギャップフィールドの名前とデータの間のギャップを記述するもの
  • フィールドの内容を記述する要素、このフィールドはフィールドの内容の種類に依存

ラベル付きフィールド要素はツリーではでマークされます。

必要に応じて、ラベル付きフィールド要素がグループとして表現されます。

フィールド名の検索時、事前認識で検出され、要素の検索領域内に入った認識語および認識行オブジェクトが考慮されます。フィールド名が検出されると、要素の記述に合致する内容のフィールドが検索されます。

名前プロパティ

フィールド名は静的テキスト要素で記述されます。

名前のプロパティは、要素のプロパティダイアログボックスのラベルタブで指定されます。要素のプロパティダイアログボックスを開くには、FlexiLayoutウィンドウで、要素を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティ...を選択します。

プロパティダイアログボックス、ラベルタブを表示

フィールドの名前に関連する位置

フィールドの名前に関連する位置は、フィールド位置タブで指定されます。

プロパティダイアログボックス、フィールド位置タブを表示

  • フィールド位置
    フィールドの名前に関連する位置を指定します(上下左右)。
  • フィールド整列
    名前を囲む矩形に関連するフィールドの検索領域の配列を指定します。ここでは値は、フィールド位置フィールドの値に依存します:
    • フィールドが名前の右または左にある場合、その検索領域は上部境界または下部境界で整列されるか、中心に配置されます
    • フィールドが名前の上または下にある場合、その検索領域は左境界または右境界で整列されるか、中心に配置されます
  • 最小スペース
    名前とフィールドの間の最小スペースを指定します(ユーザー定義測定単位で)
  • 検索領域幅
    検索領域の幅を指定します(ユーザー定義測定単位で)
  • 検索領域高さ
    検索領域の高さを指定します(ユーザー定義測定単位で)
  • インデントサイズを検出
    白ギャップ要素がフィールドとその名前の間の距離の検出に使用されるべきか、を指定する旗です。このオプションがクリアされていると、距離の検索領域は最小スペースフィールドで指定された値から始まります。そうでない場合、この距離から始まり、補助白ギャップ要素が生成され、検索領域はこの要素の後で始まります。

フィールド検索制限

フィールドの検索制限は、フィールド位置タブで指定されます。

プロパティダイアログボックス、フィールドタブを表示

フィールド内容 - フィールドの内容の種類を指定します。フィールドの種類によって、フィールド位置タブには追加的な検索制限が含まれるかもしれません:

固定変数

数字 この種類には以下のプロパティがあります:

通貨

日付

電話

文字列

詳細:

要素の作成、コピー、削除

要素特性の概要

検索領域

ラベル付きフィールド要素に対する追加的な検索制限

09.10.2020 8:50:46


Please leave your feedback about this article