Japanese (日本語) - Change language

Parameter 記述
列検索パラメータ
Void AddHeaderKeyWord( String keyWord, TableBlockColumn column, Real omissionQuality, Logic wholeWordMode, Logic multiLine ) 列名のキーワードを指定します。表要素ダイアログボックス、列プロパティ、名前オプションのキーワードで検出をご覧ください。
Void AddHeaderKeyHypothesis( Hypothesis hypothesis, TableBlockColumn column ) 検出された仮説をで列名を指定します。表要素ダイアログボックス、列プロパティ、列名前オプションとして発見要素を使用をご覧ください。
Void AddHeaderKeyHypothesis( DistInterval left, DistInterval top, DistInterval right, DistInterval bottom, TableBlockColumn column ) 列名の座標を指定します。
Void AddColumnType( TableColumnType type, TableBlockColumn column, String regExp ) 列型を指定します。3番目のパラメータは、列型が正規表現の場合にのみ指定します。表要素ダイアログボックス、列プロパティ、列内容プロパティの種類をご覧ください。
Void ColumnOmissionQuality( Real quality, TableBlockColumn column )

固定列の注文が使用される場合、仮説のペナルティが設定されます。固定列順序で指定された列が検出されない場合に仮説の品質が乗算される係数(0~1の数字)。

パラメータが設定されていない場合、デフォルト値は0.9です。

Void MissingContentPenalty( Real quality, TableBlockColumn column )

仮説のペナルティを設定します。列の実際のデータ型がユーザー指定のデータ型と一致しない場合に仮説の品質が乗算される係数(0~1の数字)(表要素ダイアログボックス、列プロパティ、内容なしペナルティをご覧ください。)パラメータが設定されていない場合、デフォルト値は0.98です。

列順序規則が使用されている場合は、表の列なしに対するペナルティが指定されます。

Void ColumnBounds( Distance left, Distance right, TableBlockColumn column ) 列の検索に使用する検索領域の左右境界を設定します。表要素ダイアログボックス、列プロパティ、絶対領域制限をご覧ください。
Void ExactColumnBorders( XCoordinate left, XCoordinate right, TableBlockColumn )

列の境界を設定します。

注意:このパラメータは、複数の(またはすべての)列の位置が事前にわかっている表を検索するために使用できます。

列の順序を設定するパラメータ
Void AddPossibleColumnsOrder( String orderName, TableBlockColumnArray array ) 固定列順序のバリエーションの1つを指定します。表要素ダイアログボックス、順序タブ、固定列順序オプションをご覧ください。
Void ColumnsRelation( TableBlockColumnArray ) 列順序で1つの規則を指定します。表要素ダイアログボックス、順序タブ、列順序の規則オプションをご覧ください。
ヘッダー検索領域
Void HasHeader( Logic ) ヘッダーを検索するかを指定します。表要素ダイアログボックス、ヘッダータブ、ヘッダー検索をご覧ください。
Void HeaderOptional( Real q1, Real q2 ) 要素のボイドオプション(実数q1、実数q2 )関数と同様、ヘッダーがオプションかを指定します。
Void HeaderSearchArea( Rect ) ヘッダーの検索矩形を指定します。この関数を使用すると、ヘッダーの検索領域は、この矩形と表全体の検索領域を囲む矩形の交わる場所として計算されます。表要素ダイアログボックス、ヘッダータブ、絶対領域制限をご覧ください。
Void MaxHeaderHypothesesCount( Int ) ヘッダー検索中に生成される最大仮説数を設定します。表要素ダイアログボックス、ヘッダータブ、ヘッダーの仮説数をご覧ください。
Void MinHeaderKeyElements( Int ) ヘッダーを検出するために必要なキー要素の最小数を設定します。デフォルト値は2です。
Void ExtendHeaderLocalization( XInterval, YInterval, XInterval, YInterval ) ヘッダーのローカリゼーション領域を拡張します。例えば、表のヘッダーと本体の間にある不要な情報の行を破棄するのに使用できます。
フッター検索パラメータ
Void HasFooter( Logic ) フッターを検索するかを指定します。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、フッター検索をご覧ください。
Void FooterOptional( Real q1, Real q2 ) 要素のボイドオプション(実数q1、実数q2 )関数と同様、ヘッダーがオプションかを指定します。
Void FooterSearchArea( Rect ) フッターの検索矩形を指定します。この関数を使用すると、フッターの検索領域は、この矩形と表全体の検索領域を囲む矩形の交わる場所として計算されます。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、絶対領域制限をご覧ください。
Void FooterHasTopSeparator() 表のフッターと本体の間に区切りがあるよう指定します。区切りは表境界の一部になり得ます。
FooterWholeWordMode ( Logic ) この旗は、キーワードに基づいてフッターを検索する時に使用されます。この旗がtrueに設定されている場合、単語部分だけで構成される仮説は破棄されます。デフォルト設定はfalseです。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、単語全体限定オプションをご覧ください。
Void FooterNearestToTop ( Logic )

この旗は、キーワードに基づいてフッターを検索する時に使用されます。この旗がtrueに設定されている場合、最上位候補が選択され、残りが破棄されます。この旗がfalseに設定されている場合、可能なすべての候補が検討されます。

フッターの質は表の質に寄与し、最高品質の表仮説が選択されます。

デフォルト設定はtrueです。

Void AddFooterKeyWord( String ) 表のフッターのキーワードを指定します。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、キーワードによる検索オプションをご覧ください。
Void AddFooterKeyHypothesis( Hypothesis ) 検出された仮説で表のフッターを指定します。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、発見要素を使用オプションをご覧ください。
Void AddFooterKeyHypothesis( XInterval, YInterval, XInterval, YInterval )

表のフッターの座標を指定します。

本体検索パラメータ
Void DontFindBody() 本体検索をスキップできます。デバッグに使用。
Void BodyOptional(Real q1, Real q2 ) 要素のボイドオプション(実数q1、実数q2 )関数と同様、本体がオプションかを指定します。
Void IgnoreVerticalSeparators() 表を列に分割する時、表本体の縦区切りを無視します(デフォルトでは、区切りは考慮されます)。
Void IgnoreSeparatorsFromHeader() 表を列に分割する時、列検出の表のヘッダーの縦区切りを無視します(デフォルトでは、縦区切りは考慮されます)。
Void AutoDetectTopAndBottom( Logic ) 表の上下境界を自動的に検索します。デフォルト設定はtrueです。旗がfalseに設定されている場合、表要素の検索領域内部のテキスト全体が使用されます。
行検出パラメータ
Void SingleLineTable( Logic ) テキストの各行が表の1つの行に対応している必要があることを伝えます。表要素ダイアログボックス、行タブ、1行に対応する1行テキストチェックボックス(オプション行を検出が自動的に選択されている場合)をご覧ください。
Void SingleLineMasterColumn( Logic ) テキストの各行が表のマスター列の1つの行に対応している必要があることを伝えます。表要素ダイアログボックス、行タブ、1行に対応する1行テキストチェックボックス(オプション行の検出にマスター列を使用が選択されている場合)をご覧ください。
Void MaxRowVerticalGap( Distance ) 表の2つの行の間の最大縦距離を指定します。指定された距離を超えた場合は、表本体の終わりを意味します。デフォルトでは、この距離は制限されていません。
Void MinRowVerticalGap( Distance ) 表の2つの行の間の最小縦距離を指定します。指定された距離より小さい場合は、行が1行に結合します。デフォルト値は0です。
Void MaxMasterColumnRowGap( Distance ) 表のマスター列で2つの行の間の最大縦距離を指定します。指定された距離を超えた場合は、表本体の終わりを意味します。デフォルトでは、この距離は制限されていません。
Void MinMasterColumnRowGap( Distance ) 特定の列で2つの表の行の間の最小縦距離を指定します。指定された距離より小さい場合は、行が1行に結合します。デフォルト距離は0です。
Void IgnoreHorizontalSeparators() 表を行に分割する時、横区切りを無視します。
Void DivideRowsBySeparators() 区切りのみに依存し、テキストを無視する行を検出します。
Void DivideRowsByMasterColumn( TableBlockColumn ) 表を行に分割する時、列のテキストを使用するよう指示します。この関数は複数回呼び出すことができます。画像の表に必要な列がない場合、その関数の次の呼び出しの列が使用されます。すべての列が使用できない場合、行は表全体で検出されます。表要素ダイアログボックス、行タブ、行の検出にマスター列を使用オプションをご覧ください。
Void MasterColumnTextAlignment( TextAlignmentInTableCell )

マスター列の表セルでテキストの配置を指定します。 TextAlignment_CellTop、 TextAlignment_CellBottom。

MasterColumnTextAlignment: TextAlignment_CellBottom; - テキストはセルの下端にそろえられます。

Void AddStopWord( String ) 個別の行を描画してはならない単語を指定します。表要素ダイアログボックス、行タブ、単語を停止をご覧ください。
Void RowSplitters( YCoordinateArray, Logic isBodyTopIncluded = true, Logic isBodyBottomIncluded = true )

表を行に分割する区切りを指定します:

  • isBodyTopIncluded == true - 表本体の上部を指定します
  • isBodyBottomIncluded == true - 表本体の下部を指定します
  • isBodyTopIncluded == false - 表本体の上部が自動的に検出されます
  • isBodyBottomIncluded == false - 表本体の下部が自動的に検出されます

表検索領域外の指定された区切りは無視されます。

例えば:

多ページ表パラメータ
Void HeaderOnEachPage( Logic has = true ) それぞれのページで表ヘッダーが発生するよう指定します(それぞれの1ページサブ表の先頭に)。表要素ダイアログボックス、ヘッダータブ、ヘッダーをすべてのページで発生プロパティをご覧ください。
Void AddHeaderKeyHypotheses( HypothesisInstances, TableBlockColumn ) 繰り返しグループのサブ要素の仮説セットの手段によって、多ページで列名を指定します。表要素ダイアログボックス、列名として発見要素を使用プロパティをご覧ください。
Void FooterOnEachPage( Logic has = true ) 表フッターがすべてのページで発生するよう指定します。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、フッターをすべてのページで発生プロパティをご覧ください。
Void AddFooterKeyHypotheses( HypothesisInstances ) 繰り返しグループのサブ要素の仮説セットの手段によって、多ページで表フッターを指定します。表要素ダイアログボックス、フッタータブ、発見要素をフッターとして使用プロパティをご覧ください。
Void PreviousInstances( TableHypothesisInstances ) 表が繰り返しグループ内にある場合は、前の表インスタンスを指定します。インスタンスの方向は上から下、列境界には同じページ内でシフトがなく、ページ間で若干横にずれるとします。前のインスタンスは、表にヘッダーがない場合、またはヘッダーが検出されない場合に、列を検索または列の検索を改善するために使用されます。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article