Japanese (日本語) - Change language

サンプル4。ステップ9.1:Total Amount名、kwTotal要素

このフィールド名は画像で「Total Chf」、「Carried Over」、または「Total」として発生します。これは表の下にあり(この制限は既にSumGroup要素で指定されています)、常に最後のページで発生します。

kwTotal要素を作成するには:

  1. SumGroup要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwTotalと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:TotalChf|CarriedOver|Total
  4. 最大エラー割合を20に設定します。
  5. 検索制限タブをクリックして、検索領域を最後のページに限定します:
    • 選択絶対検索領域制限
    • ページフィールドで、最後をドロップダウンリストから選択します
    • 他のオプションは選択しないでください
    • 追加ボタンをクリックします。検索領域は検索領域リストに表示されます

      表示...

  1. 高度タブをクリックします。
  2. 指定されたテキストを含む多くの検出された要素の中で、表の下部境界に最も近い要素を選択する必要があります。この位置により、仮説の質に影響を及ぼすことができます。高度な検索後関係で、仮説の追加的なパラメータを指定します:非帰無仮説が生成されている場合は、検出された要素の上部境界と文書で検出された最後の表の下部境界の間の距離を計算します。次に、この距離が指定されたあいまい間隔に属するかどうかを確認します。FlexiLayout言語では、この条件は以下のように書き込みできます:
    If not IsNull then
    { FuzzyQuality: Top - InvoiceTable.LastSubTable.Body.Rect.Bottom, {0,0,0, 50000}*dt;
    }
    //この確認は、境界の間が離れているほど、ペナルティ係数が大きくなることを意味します

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article