Japanese (日本語) - Change language

名前付きパラメータを扱う関数

ABBYY FlexiLayout Studioでは、FlexiLayoutの出力パラメータを指定できます。このFlexiLayoutを適用すると、出力パラメータが次に適用されるFlexiLayoutに渡されます。

注意:名前付きパラメータは、メインのFlexiLayoutから追加のFlexiLayoutに渡されます。

出力パラメータを、ブロックのプロパティダイアログボックスの表現フィールドで指定できます。

以下の表は、名前付きパラメータの作業で使える関数を示しています。

定義 記述

SetOutputParameterInt

SetOutputParameterIntArray

SetOutputParameterString

SetOutputParameterStringArray

SetOutputParameterRect

SetOutputParameterRectArray

出力名前付きパラメータを設定します。

注意:また、FlexiLayoutプロパティダイアログボックスで出力名前付きパラメータを設定することもできます。

NamedParameterIntExists

NamedParameterIntArrayExists

NamedParameterStringExists

NamedParameterStringArrayExists

NamedParameterRectExists

NamedParameterRectArrayExists

出力名前付きパラメータが存在するかを確認します。

GetNamedParameterInt

GetNamedParameterIntArray

GetNamedParameterString

GetNamedParameterStringArray

GetNamedParameterRect

GetNamedParameterRectArray

名前付きパラメータを得ます。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article