Japanese (日本語) - Change language

サンプル1。ステップ8:識別子要素の試験

識別子要素IDHeaderに対応する画像オブジェクトが高い信頼性で検出されるかを確認するには、FlexiLayoutをバッチの各画像と合致してみてください:

  1. 画像を一つずつ開いていきます。
  2. FlexiLayoutメニューまたは各画像のショートカットメニューで合致コマンドを選択します。

画像とそのFlexiLayoutが正常に合致すると、検出された要素の周りに青色の枠が描画され、IDHeader要素の仮説は仮説ツリーででマークされます。仮説をクリックすると、プロパティウィンドウに仮説のプロパティが表示されます。

表示...

すべての画像に対するFlexiLayout合致結果を調べ終わると、画像2のIDHeader要素に対して仮説が立たなかったことがわかります(でマーク)。これは、IDHeaderを1行テキストとして記述していたにもかかわらず、文書見出しが2行で書かれているためです。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article