Japanese (日本語) - Change language

サンプル4。ステップ6.5; 文書の最後の部分、Paragraph要素

Paragraph要素を作成するには:

  1. InvoiceFooter要素で、種類段落の要素を作成して名前をパラグラフと付けます。
  2. 高度タブおよび高度な検索前関係フィールドで、追加的な検索制限を指定します:
    LongFooterまたはShortFooterのいずれも検出されていない場合、要素を検索しない。LongFooterが検出された場合は、この要素の矩形領域を縦横10ドットずつ拡張して検索領域を指定する。If ShortFooter が検出された場合は、この要素の矩形領域を縦横10ドットずつ拡張して検索領域を指定するFlexiLayout言語では、以下のように書きます:
If LongFooter.IsNull and ShortFooter.IsNull then Dontfind();
// 要素が検出されない場合は、要素を検索しません
else
{ if not LongFooter.IsNull then
// LongFooterが検出された場合、検索領域はその区域に基づいて定義されます
{ LeftOf: LongFooter.Rect.Right + 10dt;
RightOf: LongFooter.Rect.Left - 10dt;
Below: LongFooter.Rect.Top - 10dt;
Above: LongFooter.Rect.Bottom + 10dt;
}
else if not ShortFooter.IsNull then
// ShortFooterが検出された場合、検索領域はShortFooterの区域として定義されます
{ LeftOf: ShortFooter.Rect.Right + 10dt;
RightOf: ShortFooter.Rect.Left - 10dt;
Below: ShortFooter.Rect.Top - 10dt;
Above: ShortFooter.Rect.Bottom + 10dt;
}
}
    

FlexiLayoutを合致させて、ページがヘッダー要素とフッター要素で定義されている通りに文書に正しく分割されていることを確認します。FlexiLayoutがすべてのページと合致したら、このFlexiLayoutで作業を開始した時に作成された参照組み込みで指定された通りに文書を組み込みます。

注意:すべての試験画像にFlexiLayoutを適用するには、キーボードショートカットを使用します:

  • バッチウィンドウをアクティブにする
  • Ctrl+Aを押してすべてのページを選択。
  • Ctrl+Eを押して選択されたすべてのページを分析。

注意:多ページ文書の場合は、一部のページだけでなく、文書のすべてのページにFlexiLayoutを適用します。こうしないと、FlexiLayoutが一部の文書に適用されないことがあります。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article