Japanese (日本語) - Change language

サンプル1。ステップ20: YOUR PHOTO IN FANCY DRESS領域の記述

ステップ6で記載した通り、画像1および6の全ての部位が画像として認識されるわけではありません。

そのため、プログラムは画像領域にある全タイプの画像オブジェクトを検索しなければなりません。

利便性向上のため、全ての画像要素を単一の写真要素にまとめます。また、これは既定の仮説を制限します。

表示する...

"Photo"要素グループは下記を含みます:

  • 画像に対応する収集タイプのPhotoPicture要素;
  • YOUR PHOTO IN FANCY DRESS名に対応するスタティックテキストタイプのPhotoHeader要素;
  • 画像を囲む4種のセパレーターはPhotoPicture要素を検索するために使用されます。

テキスト名(つまりYOUR PHOTO IN FANCY DRESS)はこの文書内にしかなく、対応する要素を先に追加した後に要素に関連するセパレーターを検索するようにしています。

名称YOUR PHOTO IN FANCY DRESSはこの文書内にしかなく、Group要素に追加しセパレーターの検索に使用します。

領域名に対応する要素を作成するために:

  1. スタティックテキストタイプの要素を作成し名称をPhotoHeaderとします。
  2. 要素のプロパティは上で記述された他領域の名称と類似するよう設定されます。

FlexiLayoutを画像とマッチングしてみましょう。プログラムが全ての画像の名称を検出することを確認します。

画像を囲む4種のセパレーターにSeparator要素を作成し、名称を下記のようにします:

  • USeparatorー上部セパレーター
  • BSeparatorー下部セパレーター
  • LSeparatorー左部セパレーター
  • RSeparatorー右部セパレーター

ダイアログボックス内区切りのタブにはプロパティ4種のセパレーターの方向(or)を指定します。その他のプロパティには変更を加えないでください。

表示...

それでは、テスト画像を使用して各セパレーターの検索領域を指定しましょう。

上部セパレーター(USeparator要素):

  • 画像キャプションの下、上部境界から100ドット以内(PhotoHeader要素PhotoHeader=オフセット-100)。
  • キャプションの長さより左右80ドット以内の領域内(PhotoHeader要素の右部境界オフセット=-80、参照境界=PhotoHeader要素の右、PhotoHeader要素のオフセット左部境界=-80、参照境界=左)。

下部セパレーター(BSeparator要素):

  • NAME領域名の下(NameHeader要素)、
  • IdentityNumber下部の上(IdentityNumber要素上、ElementBoundary=下部)。
  • 名称の長さより左右80ドット以内の領域内(PhotoHeader要素の右部境界オフセット=-80、参照境界=PhotoHeader要素の右、PhotoHeader要素のオフセット左部境界=-80、参照境界=左)。

左部セパレーター(LSeparator要素):

  • 上下セパレーターの距離より左右50ドット以内の領域内(USeparator要素オフセット=-50、BSeparator要素オフセット=-50)。
  • セパレーターは上部セパレーターの左部境界より離して設置されず、距離は40ドットを超えることはできない(USeparator要素の左部境界オフセット=-20、参照境界=左、USeparator要素の左部境界オフセット=-20、参照境界=左)。

右部セパレーター(RSeparator要素):

  • 上下セパレーターの距離より左右50ドット以内の領域内(USeparator要素オフセット=-50、BSeparator要素オフセット=-50)。
  • セパレーターは上部セパレーターの右部境界より離して設置されず、距離は40ドットを超えることはできない(USeparator要素の右部境界オフセット=-20、参照境界=右、USeparator要素の右部境界オフセット-20、参照境界=右)。

FlexiLayoutと画像をマッチングする際にプログラムがこれらの領域を検知することを確認します。仮説ツリー内で仮説を右クリックし、検索領域を表示ショートメニュー内で選択します。検索クライテリアに誤りがありプログラムが検索領域プロパティの場所を検出できない場合、そのことを知ることができます。正しい仮説の検索領域に、領域が小さすぎるなどの理由で調整が必要な場合も同様です。

すべてのセパレーターの最大サイズは、事前認識中にセパレーターオブジェクトのプロパティを分析しながら試行錯誤して検知されます。

YOUR PHOTO IN FANCY DRESS フィールドを説明します:

  1. タイプオブジェクトコレクション要素を作成し、名前を PhotoPictureとつけます。
  2. 関係タブで、PhotoPicture 要素の検索領域を特定します:
    • 上部セパレーターの下 (the USeparator 要素)
    • 下部セパレーターの上 (the BSeparator 要素)
    • 左セパレーターの右側 (the LSeparator 要素)
    • 右セパレーターの左側 (the RSeparator 要素)

そしてPhotoPictureブロックを作成し、PhotoPicture要素をソース要素として特定します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article