Japanese (日本語) - Change language

サンプル3。ステップ1:準備設定

  1. 新しいフォルダを作成して名前を請求書1ページと付けます。
  2. ABBYY FlexiLayout Studioを起動します。
  3. 新しいプロジェクトを作成して名前をサンプル3 と付けます(詳細は学習1、ステップ1参照)。
  4. 画像をバッチに追加します(詳細は学習1、ステップ2参照)。
    注意:学習3試験画像の保存先は、%public%\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Samples\FLS\English\Invoice One-Page\Invoice One-PageB<page number>mber>\Images\bwPage.frdat.
  5. FlexiLayoutプロパティを指定します(詳細は学習1、ステップ3参照)。
    • テキスト種類字体を選択して。
    • テキスト言語英語を選択します。1言語以上を指定することが可能です。
    • 名前をFlexiLayout Invoiceと付けます。
    • 高速事前認識モードを選択します、最小ページ数および最大ページ数

      表示...

注意:学習1、ステップ3で正しい事前認識パラメータの詳細をご覧ください。

1ページの文書の場合は、文書の先頭と末尾を示すために事前定義された複合ヘッダーおよびフッター要素を使用する必要はありません。従って、FlexiLayout要素リストから削除できます。

注意:ヘッダーおよびフッター要素をFlexiLayoutに追加して、文書の先頭と末尾を示すことができます。FlexiLayoutを合致する時にヘッダーあるいはフッター要素が発見されない場合、FlexiLayoutで指定されている最大ページ数が文書のページ数として使用されます。この特定の文書では、最大ページ数が1と指定されています。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article