Japanese (日本語) - Change language

グローバル関数

重要!外部ファイルやデータベースと相互作用するグローバル関数の引数として変数を使用しないでください。

定義 記述
Area Max( Area a1, Area a2 ) a1、a2からの最大値を返します。
Area Min( Area a1, Area a2 ) a1、a2からの最小値を返します。
Area ObjectsArea( Rect, ImageObjectType ) 指定された矩形内の指定された型のオブジェクトの領域。全体座標で機能します。
Area ObjectsIntersectionArea( Rect, ImageObjectType ) 指定された矩形内の指定された型のオブジェクトの領域、および指定された型のオブジェクトの交差領域が、指定された矩形を超えます。全体座標で機能します。
Distance abs( Distance ) 距離の絶対値を返します。
Distance AverageLineHeight()

ページのテキスト行の平均高さ。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。多ページ文書では、種類ページの対応する方法を使用します:Page( N ).AverageLineHeight.

Distance AverageInterLineInterval()

ページのテキスト行間の平均距離。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。多ページ文書では、種類ページの対応する方法を使用します:Page( N ). AverageInterLineInterval.

Distance Min( Distance d1, Distance d2 ) d1、d2からの最小値を返します。
Distance Max( Distance d1, Distance d2 ) d1、d2からの最大値を返します。
Int abs( Int ) 数字の絶対値を返します。
Int Ceil( Real ) 引数より大きい最小整数を返します。
Int Floor( Real ) 引数より小さい最大整数を返します。
Int LogicToInt( Logic value ) 値がtrueの場合に「1」、値がfalseの場合に「0」を返します。
Int Max( Int n1, Int n2 ) n1、n2からの最大値を返します。
Int Min( Int n1, Int n2 ) n1、n2からの最小値を返します。
Int PagesCount() 文書のページ数を返します。
Int RecordCount( String connectionString, String selectString ) 要求の記録数を返します。例: 記録関数の例を以下でご覧ください。
Int Round( Real ) 引数に最も近い整数を返します。
Int StrToInt( String inputString, Logic isStrictMode = false )

inputString文字列値を整数値に変換した結果を返します。スペースは省略されます。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは = false)は文字列に数字とスペース以外の文字を含めるかを定義します。isStrictMode = 偽である場合、文字列に数字とスペース以外の文字が含まれると後続の文字すべてが省略されます。実行する前に変換の可否を確認することをおすすめします。これには、IsInt関数を使用します。

例えば:

Int StrToIntFuzzy( String, Logic isStrictMode = false ) 文字列で起こりそうな認識エラーを考慮しながら、文字列inputStringの値を整数に変換した結果を返します(詳細はIsIntFuzzy関数参照)。変換中、スペースは無視されます。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは偽)は、文字列に数字以外の文字、数字のように見える文字、またはスペースを含むかを決めます。isStrictMode = 偽である場合、数字以外の文字があると、その後のすべての文字が無視されます。変換する前に、IsIntFuzzy関数を呼び出して文字列を安全に変換できるかを確認することをおすすめします。
Logic ExecuteSQL( String connectionString, String queryString )

ユーザーのSQLクエリを実行します: queryString.connectionString引数は、データベース結合文字列を設定します。

例えば:

Logic IsInt( String inputString, Logic isStrictMode = false ) inputString文字列が整数に安全に変換されるかを確認します。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは = false)は文字列に数字とスペース以外の文字を含めるかを定義します。
Logic IsIntFuzzy( String inputString, Logic isStrictMode = false ) 文字列で起こりそうな認識エラーを考慮しながら、文字列inputStringを安全に整数に変換できるかを確認します。この種類の変換は数字(すなわち「0123456789」)以外にも、数字のように見える文字(「oOBsl」など)を整数に変換します。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは偽)は、文字列に数字以外の文字、数字のように見える文字、またはスペースを含むかを決めます。
Logic IsOnSameLine( Hypothesis, Hypothesis ) 仮説が垂直に交差するかを確認します。
Logic IsReal( String numberString, String separators = “.,”, Logic isStrictMode = false ) inputString文字列が実数に変換されるかを確認します。許可された小数点区切りのリストは、「区切り」引数で設定されます。デフォルトでは、点、コンマ、ユーザー定義区切りです(OSの地域設定、RegionalDecimalPoint参照)。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは = false)は文字列に数字、スペース、区切り以外の文字を含めるかを定義します。
Logic IsRealFuzzy( String, String separators = defaultDecimalSeparators, Logic isStrictMode = false ) 文字列で起こりそうな認識エラーを考慮しながら、文字列inputStringを安全に実数に変換できるかを確認します。(詳細はIsIntFuzzy関数の記述参照)。許可された小数点区切りのリストは、「区切り」引数で指定されます。デフォルトでは、以下の区切りが許容されています: ユーザーのオペレーティングシステムの地域設定で指定される点、コンマ、区切り(RegionalDecimalPoint参照)。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは偽)は、文字列に数字以外の文字、数字のように見える文字、スペース、または区切りを含むかを決めます。
Logic TestDBConnection( String connectionString ) データベース結合を試験します。connectionString引数には、結合文字列が含まれます。
Logic TestDBSelect( String connectionString, String selectString ) データベースがアクセス可能か、SQLクエリが正しいかを確認します(指定された表とフィールドが存在する場合)。connectionString引数には、結合文字列が含まれます。selectString引数はSELECTコマンドで始まるSQLクエリを含みます。
Logic TestFileAccess( String fileName ) テキストファイルがアクセス可能かを確認します。
Logic WriteToFile( String filename, String text )

「text」文字列を「filename」ファイルに追加します。この名前のファイルがない場合は、新しいファイルが作成されます。

例えば:

Page Page( Int PageNumber ) 所定のページを記述する型を返します。
Quality ValidateByDB( String word, String connectionString, String selectString, Int maxErrors, Real maxErrorsPart, Logic ignoreSpaces, Int maxRecordsCount = 1000 )

指定された単語をデータベースと比較して確認します(FlexiLayout言語でのデータベースとテキストファイルの使用参照)。connectionString引数は、データベースに結合される文字列を設定します。selectString引数はSELECTコマンドで始まるSQLクエリを設定します。maxErrors引数は単語の最大絶対エラー数を設定し、maxErrorsPartは単語の最大相対エラー数を設定します。ignoreSpacesは、比較の際にスペースを考慮するかを決めます。検索を素早くするには、最初のmaxRecordsCountバリエーションのみを使います(デフォルト設定は1000)。指定された単語とデータベースからの最善の合致の間の合致品質を返します。

例えば:

注意:この関数は、値方法で返された仮説の文字列値と指定のバリエーションのあいまい合致のために、高度な検索後関係フィールドで使用されます。

Quality ValidateByFile( String word, String fileName, Int maxErrors, Real maxErrorsPart, Logic ignoreSpaces, Int maxRecordsCount = 1000 )

指定した単語を、可能なフレーズのバリエーションのリストを含むfileNameファイルのバリエーションと比較して、確認します(FlexiLayout言語でのデータベースとテキストファイルの使用参照)。maxErrors引数は単語の最大絶対エラー数を設定し、maxErrorsPartは単語の最大相対エラー数を設定します。ignoreSpacesは、比較の際にスペースを考慮するかを決めます。指定された単語とテキストファイルからの最善の合致の間の合致品質を返します。検索を素早くするには、最初のmaxRecordsCountバリエーションのみを使います(デフォルト設定は1000)。

例えば:

注意:この関数は、値方法で返された仮説の文字列値と指定のバリエーションのあいまい合致のために、高度な検索後関係フィールドで使用されます。

Quality ValidateByText( String word, String variants, Int maxErrors, Real maxErrorsPart, Logic ignoreSpaces )

指定した単語を、バリエーションのリストと比較して確認します。maxErrors引数は単語の最大絶対エラー数を設定し、maxErrorsPartは単語の最大相対エラー数を設定します。ignoreSpacesは、比較の際にスペースを考慮するかを決めます。指定された単語とバリエーション引数でリスト化されたバリエーションからの最善の合致の間の合致品質を返します。

例えば:

注意:この関数は、値方法で返された仮説の文字列値と指定のバリエーションのあいまい合致のために、高度な検索後関係フィールドで使用されます。

Real Min( Real d1, Real d2 ) d1、d2からの最小値を返します。
Real Max( Real d1, Real d2 ) d1、d2からの最大値を返します。
Real StrToReal( String numberString, String separators = “.,”, Logic isStrictMode = false )

inputString文字列を実数に変換した結果を返します。スペースは省略されます。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは = false)は文字列に数字、スペース、区切り以外の文字を含めるかを定義します。isStrictMode = 偽である場合、文字列に数字とスペース以外の小数区切り第2位または文字が含まれると後続の文字すべてが省略されます。実行する前に変換の可否を確認することをおすすめします。これには、IsReal関数を使用します。

例えば:

Real StrToRealFuzzy( String, String separators = defaultDecimalSeparators, Logic isStrictMode = false ) 文字列で起こりそうな認識エラーを考慮しながら、文字列inputStringの値を実数に変換した結果を返します(詳細はIsIntFuzzy関数参照)。変換中、スペースは無視されます。isStrictModeパラメータ(デフォルトでは偽)は、文字列に数字以外の文字、数字のように見える文字、スペース、または区切りを含むかを決めます。isStrictMode = 偽である場合、数字以外の小数区切り第2位または文字があると、その後のすべての文字が無視されます。変換する前に、IsRealFuzzy関数を呼び出して文字列を安全に変換できるかを確認することをおすすめします。
Rect DocumentRect() 文書全体の矩形を返します(全体座標にて)。
Rect PageRect()

画像全体の矩形。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayout合致でエラーが返されます。多ページ文書では、この関数は検索前関係セクションでしか使用できません。検索領域を制限する関数をご覧ください。

Region FormRegion( RectArray included, RectArray excluded ) 含まれた矩形の配列を含む、含まれない矩形の配列を含まない区域を作成します。
StringArray ReadFromXML( String filename, String xPathQuery ) 「filename」XMLファイルから文字列の配列を読み込みます。文字列は、渡されたxPathクエリ「xPathQuery.」を計算することによって得られます。
StringArray Record( String connectionString, String selectString, Int index )

特定の記録のデータを取得します。NULL値のセルでは、空の文字列は返されます。

例えば:

String Chr( Int ) 指定された文字のUnicodeコードを使用して文字列を返します(コードは10進法)。
String LCase( String ) すべての文字を小文字に変更して、指定した文字列から取得した文字列を返します。
String ReadSingleStringFromXML( String filename, String xPathQuery ) 「filename」XMLファイルから文字列を読み込みます。文字列は、渡されたxPathクエリ「xPathQuery.」を計算することによって得られます。
String RealToStrVariants( Real value, String fractionalPartSeparators, Int maxDigitsCountInFractionalPart = 2 ) 指定された実数「value」、小数区切りfractionalPartSeparators、小数部の最大桁数に対して、縦棒(「|」)で区切られた文字列表現を作成します。例えば、引数19, ".,", 2では、結果は"19|19.0|19.00|19,0|19,00"です。

String Str( Int );

String Str( Logic );

String Str( Real );

String Str( XInterval );

String Str( YInterval );

String Str( DistInterval );

String Str( FuzzyRect );

String Str( Hypothesis );

String Str( RectArray );

String Str( Region );

String Str( Area );

String Str( Quality );

String Str( Distance );

String Str( PageInterval ).

データ型の文字列表現。
String RemoveSpaces( String ) 文字列のすべてのスペースを削除して、指定した文字列から得た文字列を返します。
String UCase( String ) すべての文字を大文字に変更して、指定した文字列から取得した文字列を返します。
Void PrepareRecordset( String connectionString, String selectString, Int maxRecordsCount = 1000 ) クイックアクセスの要求を準備します。例: 記録関数の例を以下でご覧ください。
Void SetPagesCount( Int pagesCount )

文書のページ数を設定します。これは「検索前」または「検索後の高度なコード」セクションで使用されます。この関数は、ヘッダーまたはフッター要素またはそのサブ要素から呼び出されなければいけません。関数は文書終端指標のない文書に適用されます(フッターがないまたはオプション)。

例えば:

XCoordinate Min( XCoordinate x1, XCoordinate x2 ) x1、x2からの最小値を返します。
XCoordinate Max( XCoordinate x1, XCoordinate x2 ) x1、x2からの最大値を返します。
XCoordinate MiddleBetween( XCoordinate x1, XCoordinate x2 ) ( x1+ x2 ) / 2と計算されたX座標を返します。
XCoordinate Between( XCoordinate x1, XCoordinate x2, Real ratio ) x1+ ( x2 – x1 ) * 比率と計算されたX座標を返します。
YCoordinate Min( YCoordinate y1, YCoordinate y2 ) y1、y2からの最小値を返します。
YCoordinate Max( YCoordinate y1, YCoordinate y2 ) y1、y2からの最大値を返します。
YCoordinate MiddleBetween( YCoordinate y1, YCoordinate y2 ) ( y1+ y2 ) / 2と計算されたY間隔を返します。
YCoordinate Between( YCoordinate y1, YCoordinate y2, Real ratio ) y1+ ( y2 – y1 ) * 比率と計算されたY間隔を返します。
XInterval MiddleBetween( Xinterval x1, XInterval x2 ) ( x1+ x2 ) / 2と計算されたX間隔を返します。
XInterval Between( Xinterval x2, Xinterval x2, Real ratio ) x1+ ( x2 – x1 ) * 比率と計算されたX間隔を返します。
YInterval MiddleBetween( Yinterval y1, Yinterval y2 ) ( y1+ y2 ) / 2と計算されたY間隔を返します。
YInterval Between( Yinterval y1, Yinterval y2, Real ratio ) y1+ ( y2 – y1 ) * 比率と計算されたY間隔を返します。
以下の関数はFlexiLayout合致中に事前認識を呼び出します。所定の事前認識領域と交わるテキスト行は全体として認識されます(領域境界を超えた行部分を含む)
Void RecognizeText() プロジェクト設定の「事前認識領域」プロパティで指定された相対矩形でテキストを認識します。文書のすべてのページは認識に含まれます。
Void RecognizeText( IntArray pages ) プロジェクト設定の「事前認識領域」プロパティで指定された相対矩形でテキストを認識します。文字列の「pages」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
Void RecognizeText( SearchAreaPageSetType pageSetType ) プロジェクト設定の「事前認識領域」プロパティで指定された相対矩形でテキストを認識します。文字列の「pageSetType」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
Void RecognizeText( Rect rect ) 「rect」矩形のテキストを認識します。
Void RecognizeText( Rect rect, IntArray pages ) 「rect」矩形のテキストを認識します。文字列の「pages」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
Void RecognizeText( Rect rect, SearchAreaPageSetType pageSetType ) 「rect」矩形のテキストを認識します。文字列の「pageSetType」部分で指定されたページのみです。
Void RecognizeText( RectArray rectArray ) 矩形の「rectArray」配列のテキストを認識します。
Void RecognizeText( RectArray rectArray, IntArray pages ) 矩形の「rectArray」配列のテキストを認識します。文字列の「pages」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
Void RecognizeText( RectArray rectArray, SearchAreaPageSetType pageSetType ) 矩形の「rectArray」配列のテキストを認識します。文字列の「pageSetType」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
Void RecognizeText( Region region ) 「region」区域のテキストを認識します。
Void RecognizeText( Region region, IntArray pages ) 「region」区域のテキストを認識します。文字列の「pages」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
Void RecognizeText( Region region, SearchAreaPageSetType pageSetType ) 「region」区域のテキストを認識します。文字列の「pageSetType」部分で指定されたページのみが認識に含まれます。
RectArray RecognizedRects() 事前認識矩形の配列の印刷を許容するデバッグ関数。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article