Japanese (日本語) - Change language

サンプル1。ステップ12:PlanetName要素を使用してのYOUR PLANET NAME領域の説明

YOUR PLANET NAME領域は常に1文のみを含んでいる状態です。領域名とは異なり、この領域のデータはまだ決定されておらず、文字列要素として定義しなければなりません。

PlanetName要素作成:

  1. 文字列タイプの要素を作成し名称をPlanetNameとします。

    表示...

  1. 文字列タブをクリックします。

    表示...

  1. アルファベットを設定します。例えば、全ての文字は惑星と衛星の名称にエンカウンターします。テスト画像から判断し、アルファベットは英語と括弧からなります。アルファベットを設定するには追加...新規アルファベットの登録ダイアログボックスからボタンを押下して必要文字を選択します。
    注意:選択された文字は文字セットカラムに表示(文字列タブ、アルファベット領域)されます。
  2. 100までにアルファベット文字の割合設定します。これはプログラムが現在の要素が持つ文字列のみを考慮してPlanetName要素に対応するオブジェクトを検索するためです。

    表示...

注意:通常、複数のアルファベットを単一の要素に指定することができます。領域ではアルファベット文字の割合要素における各アルファベットの最大文字率を指定します。

  1. 埋め込み仮説を許可ボックスをクリアします。これにより、最大長さがあってすべての検索基準を満たす仮説を立てることができます。さもないと、選択したアルファベットの1つの部分を含む埋め込み仮説が複数立つかもしれません(非アルファベット文字の許容割合を考慮します)。
  2. 領域では非アルファベット文字の割合非アルファベット文字の最大率を10%と設定します。
    注意:この値は試行錯誤の結果でのみ選択することが可能であり、FlexiLayoutを調整する際に変更することが可能です。
  3. 文字カウントフィールドで、このあいまい間隔を指定します:{0, 3, 35, 100}。これは、文字列の長さの推定です。惑星の名称は3から35文字となっていると思います。これを超えた範囲の仮説は全て違反となります。
    注意:この値は試行錯誤の結果でのみ選択することが可能であり、FlexiLayoutを調整する際に変更することが可能です。
  4. 関係タブをクリックします。

    表示...

  1. PlanetNameHeader要素をPlanetName要素のリファレンス要素として使用します。惑星の名称は常に領域名の右側にあり、領域名と同じ高さに表示されます。そのため、名称と名称の上下境界に関連する要素のロケーションを必ず指定する必要があります。そうしなかった場合、プログラムは例えそれが名称より高く、もしくは低く置かれたものだとしても、設定されたアルファベット文字でなる全てのテキストフラグメントを規定してしまいます。
    まとめると:プログラムはPlanetNameHeader要素とPlanetNameHeader要素と同じ場所にある領域名によって解説されるPlanetNameを検索することになります。
  2. PlanetNameを特定してくださいPlanetNameHeader要素の右側にあります。
    これをするためにはボタンをクリックし追加ダイアログボックスを開き次を選択しますPlanetNameHeader これはその 参照要素 領域にあります。次から選びます種類ドロップダウンリストからデフォールト値のオフセット0に等しいフィールド関係を追加ボタンをクリックします。

    表示...

  1. 次を特定しますPlanetNameこの要素は次の要素より上にありますPlanetNameHeader要素です。これをするには次をクリック追加ダイアログボックスのボタンをクリックしこれを選択PlanetNameHeaderこれは参照要素領域内にあります。次の種類ドロップダウンリストから、選択し次の設定オフセットを100までにします(この値は試行錯誤でしか選択できません)。これにより、その名称に関連した要素の位置を検知する際の猶予がプログラムに与えられます。マイナスのオフセット値が意味するのは、その要素が、名称の最下の領域の上に位置するということです。関係を追加ボタンをクリックします。
  2. 次を特定しますPlanetNameこの要素は次の要素より上にはありませんPlanetNameHeader要素です。
    そのためには、追加をクリックし、ダイアログボックスのPlanetNameHeaderを選択してください参照要素このフィールドにて。次の種類ドロップダウンリストから、選択し次の設定オフセットを100までにします(この値は試行錯誤でしか選択できません)。これにより、その名称に関連した要素の位置を検知する際の猶予がプログラムに与えられます。マイナスのオフセット値が意味するのは、その要素が名称の最上の領域の下に位置するということです。以下をクリックしてください関係を追加ボタン
    注意:もし<whole>参照境界のフィールドで選択する場合、正のオフセットの値により、以下の位置に限定して指定できます。要素の右境界の右に、要素の左境界の左に、要素の上部境界よりも上に、要素の下部境界よりも下に。もし参照境界のフィールドで選択する場合、正のオフセットの値は、要素の上下境界で検索帯を制限し、フィールド名の上下境界を超える仮説を除外します。

10/9/2020 8:50:46 AM


Please leave your feedback about this article