Japanese (日本語) - Change language

サンプル4。ステップ7.3:Quantity列の名前、kwQuantity要素

すでに検出されたkwDesignationおよびExtraQtyTag要素を頼ってこの名前を記述します。

KwQuantity要素を作成するには:

  1. TableHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwQuantityと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:Qty|Quantity|ORDERED|QtyNet
  4. 最大エラー割合を35に設定します。
  5. 検索制限タブをクリックして、既に検出されている要素 SearchElements.TableHeader.ExtraQtyTagを検索領域から除外します。
  6. 検索している名前が名前Designationと同じ水準にあるよう指定するには、関係タブをクリックして以下の追加的な検索制限を指定します。詳細はステップ7.2をご覧ください。
  7. 検索を最適化するには、追加的な条件を指定します:指定が検出されていない場合は名前を検索しない。詳細はステップ7.2をご覧ください。
  8. 高度な検索前関係では、追加的な検索制限を指定します:
    WholeWordMode: true;// 単語全体のみが仮説として考慮されます。
    MaxGapInLine: 20dt;// これは隣接する文字間の最大距離です。
  9. FlexiLayoutを合致させて、要素が文書の最初のページで検出されていることを確認します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article