Japanese (日本語) - Change language

サンプル1。ステップ17:DATE YOU ARRIVED AT THE EARTHフィールドの記述

DATE YOU ARRIVED AT THE FIELDフィールドに対応するブロックの位置についての記述:

  1. 種類静的テキストの要素を作成して名前をDateHeaderと付けます。この要素は、DATE YOU ARRIVED AT THE EARTHフィールドの名前に対応します。
  2. 種類日付の要素を作成し、名前をArrivalDateと付けます。この要素は、DATE YOU ARRIVED AT THE EARTHフィールドに正確に対応します。
  3. ブロックを作成し、ArrivalDateと名付けます。このブロックは、DATE YOU ARRIVED AT THE EARTHフィールドに対応します。

このフィールドの要素とブロックは、ステップ10から14における以下の例外を記述するために作成されています:

  • PlanetNameHeader要素とは異なり、テキストを検索フィールドにはスペースを伴ってテキストを入力します:あなたの地球到着日。スペースを考慮複数行を許可オプションを選択し、改行ペナルティを1に設定します。

    表示...

  • DATE YOU ARRIVED AT THE EARTHフィールドのため、種類日付の要素を作成し、名前をArrivalDateと付けます。ArrivalDate要素には、全ての可能な日付フォーマットを日付タブに特定します。月は常に数字で表記され、年数は4桁の数字で表されているはずです。単語のボックスのグループに入っているもの、2数字のボックスのグループに入っているものを消去します。その他のオプションは変更する必要はありません。

    表示...

  • 検索エリアをArrivalDate要素で指定する場合、DateHeader要素をリファレンス要素に指定します。
  • ArrivalDateブロックを作成する際はArrivalDate要素をソース要素に指定します。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article