Japanese (日本語) - Change language

サンプル2。ステップ20:Cookingフィールドの記述

このステップでは、調理手順および盛り付け数に関する情報が含まれる名前Cookingでのフィールド検索方法を指定します。

盛り付け数に関する情報は、すべての試験画像で単語Servesの後に付随します。ですが、画像2、3、4では、単語「serves」の前に他の単語が付随します。認識するブロックからこの不要なテキストを除外して、フィールドを記述します。

FlexiLayoutツリーでのナビゲーションを簡単にし、Cooking要素の仮説数を減らすため、要素を作成して名前をDescriptionと付けます:

  1. Cooking要素内で、グループ要素を作成して名前をDescriptionと付けます。
  2. Description要素内で、種類静的テキストの要素を作成して名前をServesと付けます。 この要素は単語「Serves」の配置に使用されます(詳細はステップ21参照)。
  3. Description要素内で、種類文字列の要素を作成して名前をPortions と付けます。この要素は盛り付け数の配置に使用されます(詳細はステップ22参照)。
  4. Description要素内で、種類段落の要素を作成して名前を CookingDescriptionと付けます。この要素はCookingフィールドに対応します(詳細はステップ23参照)。
  5. Cookingフィールドに対応するブロックを作成してCookingDescriptionと付けます(詳細はステップ24)。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article