Japanese (日本語) - Change language

ルールの適用

ルールは、文書の処理結果を自動的に確認するためのツールです。ルールは、自動分類とともに使用することも、別に分離して使用することもできます。

ルールの使用は、分類設定時に指定されます。それには、 分類子 > プロパティ と選択して、 分類 タブの ルールを使用 チェックボックスをイネーブルにします。

ルールを新規作成するには、以下の手順を踏んでください:

  1. 分類子 > ルールを追加 と選択するとウィンドウが開きます。このウィンドウでルールの名前を設定してください。
  2. 該当する一意性オプションを選択します:
      • プロジェクトで一意的に – このオプションにより、ルールがすでに適用されているのに、他のルールが適用されることを防止します。
      • ツリーレベルで一意的に – このオプションは、ある特定のツリー内の全ルールに適用されます。
      • 非一意的に – このオプションを選択すると、適用可能なルールの数が制限されません。
  1. ドロップダウンリストから 対応する クラス を選択してください。そのクラスは、特定のルールが適用されると戻されます。

個々のクラスについて、ルール適用を引き起こすパラメータをセットすることができます。そのためには、 分類子 ウィンドウ のクラスショートカットメニュー プロパティ を選択します:

  • そのクラスが、分類中に別のクラスと混同されるおそれがある場合は、 この分類結果にクラスを追加する チェックボックス をチェックしてから、 編集する をクリックし、混同のおそれがある具体的なクラスを指定してください。
  • 自動分類の質を向上させるためにルールの使用を予定している場合は、 ルールツリーを使用して自動分類結果を向上させる チェックボックスにチェックします 。自動検索の結果としてこの特定のクラスが割り当てられている場合は、適用予定のルールを指定します:
    • ルールを対応クラスにのみ使用する―このオプションを選択すると、リスト内の「混乱のおそれがある」クラスに指定されるルールのみが適用されます。
    • 全ルールを使用する―いずれかのルールの適用に成功するまで、既存のルールすべてが使用されます。適用に成功したルールがない場合、自動分類の結果は変更されません。

ルールを使用して文書を分類するには、 分類子 > 分類する > ルールで分類 と進んでください。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article