Japanese (日本語) - Change language

サンプル1。ステップ10:YOUR PLANET NAME領域の説明

これらの領域名は全ての画像ファイルにて確実に検出され、既定の文書内で重複しません。領域の順番は、領域の場所が文書ごとに異なっていても、全ての文書において同一となります。つまり、全ての領域について:

  1. スタティックテキストを作成し領域名を検索。
  2. 領域名を使用して文字列段落バーコード等の対応領域の検索。
  3. (領域に対応する)ブロックを作成し要素リファレンスに対応するロケーションを指定。

YOUR PLANET NAMEに対応するブロックのロケーションについての説明:

  1. スタティックテキストタイプの要素を作成し名称をPlanetNameHeaderとします。この要素はYOUR PLANET NAME領域と対応します。
  2. 文字列タイプの要素を作成し名称をPlanetNameとします。この要素は固有のYOUR PLANET NAME領域に対応します。
  3. テキストタイプのブロックを作成し名称をPlanetNameとします。このブロックはYOUR PLANET NAME領域と対応します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article