Japanese (日本語) - Change language

新しい範囲

要素、定数、変数の名前は、特定のセクションでしか使用できません。これは名前の「範囲」と呼ばれます。変数の範囲はその寿命も決めます。

区域表現高度な検索前関係、または高度な検索後関係セクションで宣言された変数名は、そのセクション内で、宣言後にアクセス可能になります。

ブロック内で宣言された名前は、そのブロック内およびその名前で囲まれたブロック内でのみ宣言後にアクセス可能になります:

{
Int a; a = 5;
}

要素の仮説には、要素の名前でアクセスできます。高度な検索前関係および高度な検索後関係セクションでは、FlexiLayoutツリーで現在の要素より上にあるすべての要素の仮説にアクセスできます。高度な検索後関係セクションでは、現在の要素自体で立った仮説にアクセスすることもできます。ブロック記述の区域表現セクションでは、仮説ツリーの「最善の枝」にあるすべての要素の仮説にアクセスできます。

高度な検索前関係セクションのコードは、仮説ツリーの他の枝にある仮説とは別に、各仮説で実行されます。つまり、要素記述の特定のセクションのコードが実行される時、各上位要素で1つの仮説、すなわち同じ枝にある仮説にしかアクセスされないということです。

要素仮説とそのプロパティへは読み取り専用モードでのアクセスです。

上位要素の仮説は、要素のフルネームで呼び出されます、例えば:SearchObjects.Group1.Group2.FirstItem.グループの1つのサブ要素に別のサブ要素からアクセスする時、グループの名前を指定する必要はありません。例えば、要素SearchObjects.Group1.Group2.SecondItemの高度…セクションで、以下の方法の1つで要素SearchObjects.Group1.Group2.FirstItemを呼び出すことができます:SearchObjects.Group1.Group2.FirstItem, Group1.Group2.FirstItem, Group2.FirstItem, FirstItem.

ショートカット名は常に最もネスト化した要素を参照します。

以下の要素ツリーがあるとします:

SearchElements
FirstItem
Group1
FirstItem
SecondItem

SearchElements.Group1.SecondItemにいて名前FirstItemを使用する場合、SearchElements.FirstItem要素ではなく、SearchElements.Group1.FirstItem要素を呼び出します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article