Japanese (日本語) - Change language

最も近い関数

最も近い関数は、他の条件が同じなら、最も近い関数のパラメータで指定された画像の特定の要素または点に最も近い仮説を選択するよう、指示します。要素の高度な検索前関係セクションでは、一つの最も近い関数しか使用できません。関数が適用された後、複数の仮説のグループから一つの仮説が選択されます。仮説が要素に対して生成されている時、すなわち高度な検索後関係セクションに入力されたコードが実行される前に、選択が発生します。詳細は、要素の検索でのNearestおよびFuzzyQualityの使用をご覧ください。

最も近い関数は、グループ、繰り返しグループ、表を除く任意の種類の要素の仮説の選択に使用できます。

Parameter 記述
Void NearestX( XCoordinate x )

点( x, 0 )を通る縦線に最も近い仮説を選択します。

例えば:

Void NearestY( YCoordinate y )

点( 0, y )を通る横線に最も近い仮説を選択します。

例えば:

Void Nearest( XInterval x, YInterval y )

矩形Rect( x.Start, y.Start, x.End, y.End )に最も近い仮説を選択します。

例えば:

Void Nearest( PageEdge )

ページの上端、下端、右端、左端のどれかに最も近い文書の各ページの仮説を選択します。

注意:複数の仮説が指定された境界から同じ距離にある場合に、複数の仮説を選択することができます。

例えば:

Void Nearest( Hypothesis hyp )

あいまい矩形hyp.Rectに最も近い仮説を選択します。

例えば:

Void Nearest( HypothesisInstances ) 指定した繰り返しグループ要素の仮説セットに最も近い仮説を選択します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article