Japanese (日本語) - Change language

要素特性の概要

要素のプロパティは、%element name%のプロパティダイアログボックスまたはプロパティペインで指定します。%element name%のプロパティダイアログボックスを開くには、要素を右クリックして、ショートカットメニューでプロパティをクリックします。FlexiLayoutが適用された後で、仮説ツリーの要素をダブルクリックして%element name%のプロパティダイアログボックスを開くこともできます。

要素のすべてのプロパティは、その名前とコメント以外、発見の必要なオブジェクト(要素で表現されたオブジェクト)を記述するために機能します、つまりそのプロパティと検索領域を記述します。要素のプロパティは以下のグループに分割できます:

  • 全般プロパティ
    これらのプロパティは要素の種類に依存せず、全般タブで指定されます:
    • 名前要素名です。要素名には、文字(ローマ字、発音区別符号付きローマ字、キリル文字)、数字、アンダーバーが含まれます。要素名は文字またはアンダーバーで始める必要があります。要素名には、スペースや以下の特殊記号を含めていけません:' . ', ' , ', ' : ', ' - ', ' \ ', ' / '.要素名は予約語やFlexiLayout言語事前定義種類と一致しないかもしれません。
    • フルネーム要素の完全な名前です。これは、要素が属するFlexiLayoutの名前と要素自体の名前で構成されます。
    • コメントユーザーが提供する要素のコメントまたは記述です。
    • 検索管理は要素が必須、任意、または禁止であるかを明記します。詳細は、必須、オプション、禁止の要素セクションをご覧ください。
    • 帰無仮説の品質帰無仮説の質です(オプション要素検索管理セクションで選択されている場合にこのプロパティを使用できます)。デフォルト値は0.97です。
    • 次の場合に要素を検索しない条件が満足された場合に、要素を探さない条件を指定するために使用できます。条件は、参照要素が検出されたか否かに基づいています。複数の条件を指定すると、すべての条件が満たされた場合にのみ、次の場合に要素を検索しないコマンドが機能します。
    • 生存仮説数- このパラメータを使用して、後続の要素の検索時に使用される仮説の数を制限することができます。デフォルトでは、このパラメータは単純要素で5、グループ要素で1に設定されています。
    • 最小サブ要素発見数検出された要素を考慮する検出されたサブ要素の最小数です。このプロパティは複合要素にしか使用できません(すなわちグループヘッダーフッター繰り返しグループ要素行)。
  • オブジェクトの幾何学的特徴を記述するプロパティ

これらのプロパティは、要素の種類のタブで指定します。各種類の要素には、独自の幾何学的プロパティのセットがあります。詳細は、対応する要素が記述されているこのヘルプファイルのセクションをご覧ください。

  • 検索領域を記述するプロパティ

これらのプロパティは検索制限タブで指定します。CurrencyDatePhoneCharacter StringStatic TextParagraph要素では、縦テキスト認識が追加的に可能です。

  • 他の要素に関連するオブジェクトの検索領域を定義するプロパティ

これらのプロパティは要素種類から独立し、関係タブで指定されます。

  • 追加的な検索制限を記述するプロパティ

これらのプロパティは高度タブで指定され、検索中と検索後に確認されます。

  • 要素フィールド

要素フィールドは要素に属する種類指定変数です。要素フィールドは高度タブで指定されます。要素フィールドの詳細は、要素フィールドセクションをご覧ください。

一度に複数の要素のプロパティダイアログボックスを開くことができます。これにより、ある要素のプロパティを別の要素にコピーすることができますが、標的要素に固有のプロパティだけです(例えば最大幅プロパティを静的テキスト要素にコピーすることはできません)。オブジェクトのプロパティの値をプロパティダイアログボックスからコピーして、要素のプロパティダイアログボックスに貼り付けることもできます。

詳細:

必須、オプション、禁止要素

検索領域

追加的な検索制限

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article