Japanese (日本語) - Change language

仮説の生成、評価方法

仮説が立つと(すなわち要素の記述に最適に合致するオブジェクトが検出されると)、画像で要素の 区域 が描画されます。

区域 は、オブジェクトを囲むように描画された複数の矩形からなる画像の領域です。帰無仮説の区域は要素の検索領域全体です。

要素の検索領域には要素の記述に合致する複数のオブジェクトが含まれます。すなわち、各要素で仮説が立ちます。要素を記述する時、最大仮説数を指定することができます。これにより、要素で記述されたオブジェクトの検索において、考慮される候補バージョンの数を制限することができます。ツリーで隣にくる要素の仮説は、前の要素の最善の仮説に基づいて立ちます。特定要素の最善の仮説の最大数は、要素のプロパティダイアログボックス( 全般 タブ)で設定します。単純要素ではデフォルト値は偽、グループ要素ではデフォルト値は1です。

重要! デフォルトの最大仮説数は変えない方が良いです。

仮説の質は、対応する要素のプロパティに依存します。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article