Japanese (日本語) - Change language

サンプル3。ステップ16:kwQuantity要素でQuantity列名を検出

事前認識結果の分析により、名前が非常に短いキーワード「Qty」であっても、種類静的テキストの要素を使用して名前を検出できることがわかります。最大エラー割合を35に設定します:これにより、3文字単語で1文字の間違いが許容されます。

kwQuantity要素を作成するには:

  1. TableHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwQuantityと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:「Qty」。
  4. 最大エラー割合を35に設定します。
  5. 高度タブをクリックします。
  6. 数量列の名前は画像の左1/3の右に位置しているため、高度な検索前関係フィールドで以下の追加的な検索制限を設定します:ページの左1/3の右にあるオブジェクトを探します。FlexiLayout言語では:
    RightOf: PageRect.Left + PageRect.Width/3;
  7. FlexiLayoutを試験画像と合致させて、すべての画像の要素が正常に検出されていることを確認してください。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article