Japanese (日本語) - Change language

静的テキスト

変数 記述
Void MinQuality( Real ) 仮説の最小品質を設定します。
Void MaxErrors( Int )

仮説の最大エラー数を設定します。

最大エラー数をご覧ください。

Void MaxErrorsPart( Real )

仮説の最大エラー割合を設定します。

最大エラー割合をご覧ください。

Void MaxErrors( Int number, Real part )

仮説の最大エラー数を設定します: number – 絶対数、part – 割合。

例えば:

Void MaxGapInLine( Distance )

隣接する文字間の最大距離を設定します。

仮説の生成時、2つの隣接する文字の間の距離がMaxGapInLineに到達するまで、仮説に文字が追加されます。

文字列、文字列、最大スペース長さをご覧ください。

例えば:

Void MaxRelativeGapInLine( Real ) 隣接する文字間の最大距離を、行の高さの割合として表現します。
Void AllowChoppedWords( Logic )

旗は、左右境界内に収まりきらないテキストオブジェクトを仮説に含めるかを指定するものです。デフォルト値はtrueです。

例えば:

Void MaxXOutsidePart( Real ) 検索領域を横に超えて伸びる可能性のある文字の部分を指定します。文字の一部は0~1の数字で指定されます。これらの文字は、検索領域外に指定された部分またはより小さい部分がある仮説に含まれます。
Void MaxYOutsidePart( Real ) 検索領域を縦に超えて伸びる可能性のある文字の部分を指定します。文字の一部は0~1の数字で指定されます。これらの文字は、検索領域外に指定された部分またはより小さい部分がある仮説に含まれます。
Void CaseSensitive( Logic Value=true) trueに設定されている場合、大文字小文字が区別されます。
Void IgnoreAccents( Logic value = true ) テキストの検索時に発音区別符号を無視するかまたは無視しません。値がtrueに設定されている場合、発音区別符号は無視されます。従って、単語「café」と「cafe」は同じものとして扱われます。
Void SearchTextFromDB( String connectionString, String selectString, Int maxRecordsCount = 1000 )

データベースを使い、画像で検索される文字列のセットを指定します(FlexiLayout言語でのデータベースとテキストファイルの使用をご覧ください)。

ConnectionString引数は、データベースに結合される文字列を設定します。

selectString引数はSELECTコマンドで始まるSQLクエリを設定します。1つのフィールドしか含めないこのクエリによって得られた結果のセットは、フレーズのバージョンを表します。簡単なフォームで、クエリは指定のデータベース表から必要なフィールドを得ます。クエリが複数のフィールドを返す場合は、最初のフィールドのデータが検索で使用されます。

検索を素早くするには、最初のmaxRecordsCountバリエーションのみを使います(デフォルト設定は1000)。

例えば:

Void SearchTextFromFile( String fileName, Int maxRecordsCount = 1000 )

fileNameテキストファイルを使い、画像で検索される文字列のセットを指定します(FlexiLayout言語でのデータベースとテキストファイルの使用をご覧ください)。

検索を素早くするには、最初のmaxRecordsCountバリエーションのみを使います(デフォルト設定は1000)。

例えば:

AllowIntersectPercent( Real ) Specifies the maximum allowed percentage of vertical overlap for two lines of text (the default setting is 15). You may want to use this parameter for texts with tight line spacing.
以下の方法は、検索するテキストが1単語からなる場合にのみ使用できます
Void SearchText ( String ) 検索するテキスト。
以下の方法は、検索するテキストが複数単語からなる場合に使用できます
Void NextLinePenalty( Real ) 静的テキストをご覧ください。改行ペナルティ。
Void OmissionPenalty( Real ) 静的テキストをご覧ください。単語なしペナルティ
Void WholeWordMode ( Logic )

旗は、テキストオブジェクト全体のみを有効な仮説と見なすかを指定します。trueに設定すると、単語部分からなる仮説は無視されます。デフォルト設定はfalseです。

注意:この方法はAllowChoppedWordsとは異なっており、AllowChoppedWordsは検索領域の境界の単語から生成される仮説立てにしか影響を及ぼさない一方で、WholeWordModeはすべての仮説立てに影響を及ぼします。

Void AllowEmbeddedHypotheses( Logic )

例えば:

Void MaxLineBreakDistance( Distance ) 次の行の単語と前の行の単語の間の距離。
SuggestOnlySimilarChars( Logic value ) trueに設定すると、文字の挿入/削除/置換の操作の置換文字として、類似跡の文字(象形文字)のみが許可されます。
Void AllowedTextRotations ( TextRotations ) 要素検索が許可されている認識されたテキストの方向のセットを指定します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article