Japanese (日本語) - Change language

FlexiLayoutと画像の合致

FlexiLayoutと画像が合致すると、要素に対応する画像のオブジェクトが検出され、検出されたオブジェクトで画像にブロックが描画されます。

FlexiLayoutツリーは、要素によって記述されたオブジェクトすべてを見つけようとしながら下がり、FlexiLayoutで指定された検索制限でブロックが描画されます。

例:

グループ要素A(単純要素aおよびbとグループ要素Bから構成)および単純要素cおよびdがあるとします。要素Acおよびdには同じネスト水準があります。このFlexiLayoutが画像と合致すると、以下の順序でこれらの要素に対応するオブジェクトが検索されます: abaabbcd

要素A

要素a

要素b

要素b

要素aa

要素bb

要素c

要素d

すべての非オプション要素に対応するすべてのオブジェクトが見つかった(および発見できなかったオブジェクトがオプションとしてマークされた)場合、FlexiLayoutは正常に合致します。非オプション要素に対応するオブジェクトが少なくとも1つでも見つからなかった場合、合致は停止し、FlexiLayoutを調整しなければいけません。

FlexiLayoutを画像と合致させるには:

  1. バッチの1つまたは複数の画像を選択します。
  2. バッチメニューまたはショートカットメニューから合致コマンドを選択します。

FlexiLayoutを画像と合致させて仮説ツリーを表示するには:

  1. 画像を開きます。
  2. 画像メニューまたはショートカットメニューから合致コマンドを選択します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article