Japanese (日本語) - Change language

要素の無効化

FlexiLayoutをデバッグする際に、要素をFlexiLayoutツリーから削除せずに無効化する必要が出てくることもあります。この場合は、そのような要素を無効化します。要素に関するすべての情報はFlexiLayoutに保存されますが、合致中は無視されます。

注意:無効な要素が他の要素によって参照される場合、これらの要素はエラーアイコンでマークされます。この場合、依存要素を無効化するか、無効な要素への参照をそのプロパティで削除することができます。

要素を無効にするには:

  1. FlexiLayoutツリーで要素を選択します。
  2. FlexiLayoutメニューから無効化コマンドを選択します。

要素を有効にするには:

  1. FlexiLayoutツリーで要素を選択します。
  2. FlexiLayoutメニューから有効化コマンドを選択します。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article