Japanese (日本語) - Change language

参照文書組み込み

ページを文書に組み込む方法を指示する参照組み込みを作成することができます。

参照組み込みは、参照レイアウトのように、FlexiLayoutのデバッグに使用されます。ページがどのようにFlexiLayoutに基づいて文書に組み込まれたかを、正しいとわかっている参照組み込みと比較することができます。

参照組み込みは、 参照レイアウト 表示モードで表示できます。ツールバーで ボタンをクリックして、モードをアクティブにします。

差異レイアウト 表示モードをアクティブにして(ツールバーの ボタン)参照文書組み込みとFlexiLayoutで取得された組み込みの違いを確認します。参照組み込みで指定されたものの現在のFlexiLayoutでは検出されていない文書の始まりと終わりでは、隅に赤色の標識があります。FlexiLayoutで検出されたものの参照組み込みで指定されていない文書の始まりと終わりでは、隅に緑色の標識があります。

参照文書組み込みを作成するには:

  1. バッチ ウィンドウで、所望のページを選択します。
  2. セクションを右クリックし、ショートカットメニューで 参照文書に組み込み... を選択します。
  3. 参照文書に組み込む ダイアログボックスで、ページの文書へのグループ化方法を選択します: 選択したすべてのページを1つの文書に組み込む( 1文書 を選択)か、または文書のページ数を指定します( ページカウントによるグループ化 を選択して文書のページ数を入力)。
  4. ヘッダー 要素が文書の最初のページと合致しなければならない場合は、 文書の最初のページの合致ヘッダー を選択します。 ヘッダー 要素を文書の組み込みに使用しない(すなわちページ数が代わりに使用される)場合、または選択したページに ヘッダー 要素がないまたは高い信頼性で合致できない場合は、このオプションを選択しないでください。
  5. フッター 要素が文書の最後のページと合致しなければならない場合は、 文書の最初のページの合致フッター を選択します。 フッター 要素を文書の組み込みに使用しない(すなわちページ数が代わりに使用される)場合、または選択したページに フッター 要素がないまたは高い信頼性で合致できない場合は、このオプションを選択しないでください。
  6. OK をクリックします。参照組み込みは 参照レイアウト 表示モードで表示されます: 文書の始まりと終わりでは、隅に青色の標識があります。

個々のページで 文書の最初のページの合致ヘッダー および 文書の最初のページの合致フッター オプションをクリアできます(文書にフッターがない場合)。それでもページは組み込まれます(文書の終わりは、次の文書の最初のページで検出されたヘッダー要素に基づいて、検出されます)。

文書の最初のページの合致ヘッダー および 文書の最初のページの合致フッター オプションを選択/クリアするには:

  1. 所望のページを選択します。
  2. セクションを右クリックし、ショートカットメニューで 参照ヘッダー/フッターを変更... を選択します。
  3. 文書の最初のページの合致ヘッダー および 文書の最初のページの合致フッター オプションを選択またはクリアします。

参照組み込みに関する情報は、バッチウィンドウの 参照文書番号 および 参照シーケンス番号 列でも表示されます。 参照文書番号 列には、ページが属する文書の数が表示され、 参照シーケンス番号 列には、文書のページ数が表示されます。括弧内の文字HまたはFは、Header要素とFooter要素のどちらがページと合致する必要があるかを示します。

合致した文書番号 および 合致したシーケンス番号 列には、合致したFlexiLayoutの類似情報が表示されます。 合致した文書番号 および 合致したシーケンス番号 列が、参照組み込みの 参照文書番号 および 参照シーケンス番号 列と一致するFlexiLayoutを作成するようにします。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article