Japanese (日本語) - Change language

要素の行

要素の行 は、1行に配置されたさまざまな種類の単純な子要素を検出するグループ種要素です。検出可能な子要素は、 静的テキスト文字列日付通貨電話 、テキスト ( 任意のテキスト )および数字( 数字 )の断片です。

要素の行 は以下の検出に使えます:

  • 表の見出し。
  • 内容がほぼ同一である文書の見出し。

要素の行 はプロジェクトツリーで アイコンで表示されます。

要素が検索される時、事前認識中に見つかり、要素の検索領域にある 認識単語 オブジェクトが調査されます。

要素の行 要素の検索領域は、一番左の子要素と一番右の子要素の間の領域です(これらの子要素は検索領域に含まれています)。

子要素に影響する要素の行の設定

要素のプロパティダイアログの 要素の行 タブおよび 子要素 タブで 要素の行 のプロパティを編集できます。このダイアログを開くには、 FlexiLayout ウィンドウの要素を右クリックし、ショートカットメニューの プロパティ… をクリックします。

要素の行 タブには以下の設定が含まれています:

  • 要素の行の正確性
    子要素間の最大縦オフセットを判断します。デフォルト設定は20 単位 です。
  • 要素間テキストを許容
    このオプションを有効にすると、子要素の間にテキストがあっても、 要素の行 要素に記述されている子要素が検出されます。

要素の行 の子要素とその特性を、 子要素 タブで指定できます。

新しいサブ要素を追加するには、 新規追加ボタン をクリックします。次に、 新しいサブ要素を追加 ダイアログボックスで、新しい子要素の名前を指定し、その種類をドロップダウンリストから選択します。以下のサブ要素種類を使用できます: 静的テキスト文字列任意のテキスト日付通貨電話数字 。サブ要素の種類は、サブ要素が作成された時にしか指定できず、後で変更することはできません。

要素を削除するには、要素を選択して 削除 ボタンをクリックします。

子要素は 子要素 フィールドに表示されます。FlexiLayoutが適用されると、要素の行に記述されている順序と同じ順序で子要素が検出されます。子要素の順序を、 および ボタンを使用して変更できます。

選択した要素のプロパティは、 要素パラメータ グループに表示されます。要素プロパティエディタの外観は、選択した要素の種類によって変わります。

異なる子要素またはタブを選択すると、子要素のパラメータの変更が適用されます。すべての変更をリストおよび子要素のプロパティに適用するには、 適用 ボタンをクリックします。

詳細:

要素の作成、コピー、削除

要素特性の概要

検索領域

ラベル付きフィールド要素に対する追加的な検索制限

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article