Japanese (日本語) - Change language

検索制限

検索制限はプロパティダイアログボックスの検索制限タブで指定され、新しい要素を作成する時に表示されます。

既存の要素のプロパティダイアログボックスを開くには:

  • FlexiLayoutツリーで要素を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティ...コマンドを選択するか、
    または
  • FlexiLayoutツリーで要素をダブルクリックします。

プロパティダイアログボックス、検索制限を表示

検索領域の絶対座標の指定

要素のプロパティダイアログボックスを開き、検索制限タブを選択して、絶対検索領域制限オプションを有効化します。

多ページ文書では、要素を検索するページを指定できます。ページドロップダウンリストから項目を選択します:すべて偶数奇数最後または範囲範囲を選択する場合は、所望のページ番号を入力し、カンマで区切ったり、ハイフンを使用してページ範囲を指定したりします:2、4、6-8、15

領域フィールドの検索領域の絶対座標を定義することができます。以下の形式で座標を入力します:[左、上、右、下]。このフィールドで、複数の矩形の座標を指定することができます。範囲内ページの全領域で要素を検索するには、このオプションを選択したままにします。測定ツールを使用して、オブジェクトの絶対座標を割り出します。

検索領域のプロパティを指定したら、追加...をクリックします。検索領域は検索領域リストに表示されます。検索領域を編集するには、ページリストまたは領域フィールドに所望の値を入力し、置換をクリックします。領域フィールドが空の場合は、指定範囲内のページの検索領域全体の要素が、フィールドに指定したかのように検索されます。

要素の検索領域からの除外

要素区域を除外プロパティで、見つかった要素の仮説の区域を検索領域から除外できます。除外された要素の仮説が生成されない場合、この制限は要素の検索領域に影響を及ぼしません。

注意:例外として、高度な検索前関係ペインで除外された要素の仮説の境界に対して、ユーザーが追加的な制限を指定した場合があります。この場合、除外された要素が見つからなければ周囲の検索領域からこの要素の矩形検索領域を取り消します。内部矩形の詳細はあいまい矩形セクションをご覧ください。

要素区域を検索領域から除外するには、要素区域を除外の隣の追加...ボタンをクリックします。除外する要素を選択ダイアログボックスで、検索領域から除外する要素を選択します。

縦テキストの認識

CurrencyDatePhoneCharacter StringStatic TextParagraph要素では、縦横両方向のテキストを認識できる縦書きのテキストを検索オプションがあります。

注意:縦方向のテキストは左右に90度回転したテキストの行です。文字が互いに上下に配置されながらも通常の読み方向を維持しているテキスト断片は、縦として検出されません。

縦方向のテキストの例…

上から下下から上オプションは縦テキストを上から下へ、下から上へ認識することを、有効、無効にします。デフォルトで、これは有効であり、縦書きのテキストを検索が選択されている時にだけ、無効になります。

縦テキストで検索オプション、検索制限タブを表示

詳細:

相対検索領域

追加的な検索制限

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article