Japanese (日本語) - Change language

事前定義変数

名前 記述
IsNull 論理型の変数。区域表現セクションで使用。変数の値は、ブロックが発見されたかを判別します。IsNull変数は、ブロックが発見されていることを意味する値falseで事前に初期化されています。ブロックが見つからなかったことを指示するには、変数IsNullをtrueに設定します。すべての型のブロックで使用。
IsSuspicious 区域表現ブロックの記述セクションで使用される論理型の変数。この値は、ブロックが高い信頼性で検出されたかを示します。IsSuspicious変数は、ブロックが検出されていることを意味する値falseで既に初期化されています。ブロックが高い信頼性で検出されなかったことを伝えるには、IsSuspicious変数の値をtrueに設定します。すべての型のブロックで使用。
OutputInstances 繰り返しインスタンスありが有効になっている、すべての型のブロックの区域表現セクションで使用される変数。非表ブロックでは、変数の型はHypothesisInstancesです。表ブロックでは、変数の型はTableHypothesisInstancesです。変数の値は、ブロックの検出された区域を定義します。繰り返しグループの要素とサブ要素のインスタンスから構築されたブロックの区域は連続していません。
OutputRegion 区域型の変数。区域表現セクションで使用。変数の値は、ブロックの区域を定義します。表ブロック以外のすべての型のブロックで使用されます。
OutputTable TableHypothesis型の変数。区域表現セクションで使用。変数の値は、特定の表要素に基づいてブロックの区域と内容を初期化するために使用されます。表ブロックのみで使用。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article