Japanese (日本語) - Change language

文字列

変数 記述
Void AllowEmbeddedHypotheses( Logic )

文字列をご覧ください。埋め込み仮説を許容します。

例えば:

Void MinQuality( Real )

仮説の最小品質を設定します。この最小品質に届かない品質の仮説は破棄されます。

例えば:

Void MaxNonDefinedCount( Real )

文字列をご覧ください。非アルファベット文字の割合。

例えば:

Void MaxWordBreakCount( Real ) 行の最大語尾数。行は、単語間スペースで単語を検出パラメータに基づいて単語に分割されます(要素プロパティダイアログボックス、文字列タブ参照)。パラメータは比率として指定されます:[語尾数]/[文字列の文字数]。
Void MinInterwordSpace( Distance ) スペースの幅に基づいて単語に分割できるようにし(要素プロパティダイアログボックス、文字列タブ、単語間スペースで単語を検出参照)、スペースの最小幅を距離に指定します(最小語間スペースパラメータ)。
Void WordsCount( Int, Int, Int, Int ) 要素プロパティダイアログボックス、文字列タブ、単語カウントをご覧ください。
Void TotalChainLength( Int, Int, Int, Int )

文字列、文字カウントをご覧ください。

例えば:

Void TotalGapLength( Distance, Distance, Distance, Distance ) 文字列のスペースの最大合計許容長さをあいまい間隔として指定します。スペースの合計長さに基づいて仮説の質を評価します。
Void MaxGapInLine( Distance )

隣接する文字間の最大距離を設定します。

仮説の生成時、2つの隣接する文字の間の距離がMaxGapInLineに到達するまで、仮説に文字が追加されます。

文字列、文字列、最大スペース長さをご覧ください。

例えば:

Void MaxRelativeGapInLine( Real ) 隣接する文字間の最大距離を、行の高さの割合として表現します。
Void AllowChoppedWords( Logic ) この旗は、左右境界内に収まりきらないテキストオブジェクトを仮説に含めるかを指定するものです。デフォルト値はtrueです。
Void MaxXOutsidePart( Real ) 検索領域を横に超えて伸びる可能性のある文字の部分を指定します。文字の一部は0~1の数字で指定されます。これらの文字は、検索領域外に指定された部分またはより小さい部分がある仮説に含まれます。
Void MaxYOutsidePart( Real ) 検索領域を縦に超えて伸びる可能性のある文字の部分を指定します。文字の一部は0~1の数字で指定されます。これらの文字は、検索領域外に指定された部分またはより小さい部分がある仮説に含まれます。
Void AddAlphabet( String alphabet, Real portion, Logic isRestrictionStrong )

仮説のアルファベットと許容されるアルファベット文字の割合を設定します。旗isRestrictionStrongは、許容可能なアルファベット文字の割合を超えた場合に有効な仮説と見なされるべきかを指定します:

  • 旗がtrueに設定されている場合、仮説は許容可能な割合を超えた場合に破棄されます。
  • 旗がfalseに設定されている場合、超過文字はアルファベットに属さないと見なされます。

デフォルト設定はtrueです。

例えば:

Void RegularExpression( String )

仮説のテキストを定義する正規表現を設定します。

例えば:

Void WholeWordMode ( Logic )

この旗は、単語全体のみを有効な仮説と見なすかを指定します。旗がtrueに設定されている場合、単語の一部で構成されている仮説は破棄されます。デフォルト設定はfalseです。

注意:このプロパティはAllowedChoppedWordsとは異なっており、AllowChoppedWordsは検索領域の境界の単語からなる仮説立てにしか影響を及ぼさない一方で、WholeWordModeはすべての仮説立てに影響を及ぼします。

Void RegularExpressionFromDB( String connectionString, String selectString, Int maxRecordsCount = 1000 ) データベースを使用して仮説のテキストを定義する正規表現を設定します(FlexiLayout言語でのデータベースとテキストファイルの使用参照)。connectionString引数は、データベースに結合される文字列を設定します。selectString引数はSELECTコマンドで始まるSQLクエリを設定します。検索を素早くするには、最初のmaxRecordsCountバリエーションのみを使います(デフォルト設定は1000)。
Void RegularExpressionFromFile( String fileName, Int maxRecordsCount = 1000 ) テキストファイルを使用して仮説のテキストを定義する正規表現を設定します(FlexiLayout言語でのデータベースとテキストファイルの使用参照)。fileName引数はテキストファイルの名前を設定します。検索を素早くするには、最初のmaxRecordsCountバリエーションのみを使います(デフォルト設定は1000)。
Void Width( Distance, Distance, Distance, Distance ) あいまい間隔として指定されている仮説の幅。
Void Height( Distance, Distance, Distance, Distance ) あいまい間隔として指定されている仮説の高さ。
Void TrimSymbols( String ) 仮説の始まりと終わりで刈り落とす文字を指定します。
Void SimilarSymbolQuality( Real ) 仮説の質に乗算する係数を、アルファベットのような文字のリストの文字を含む場合に、指定します。
Void AllowedTextRotations ( TextRotations ) 要素検索が許可されている認識されたテキストの方向のセットを指定します。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article