Japanese (日本語) - Change language

参照クラスの割り当て

各ページに参照クラスを割り当てます(ショートカットメニューの 参照クラスの設定 コマンドを使用 )。または、ソースフォルダを使用してクラスを自動的に割り当てます)。分類不能の文書には、 不明の文書 クラスを割り当てることをおすすめします 。

参照クラスとは、手動分類の結果としてある文書に割り当てられるクラスです。文書のセクションと文書の改訂版がともに参照クラスになることができます。

ソースフォルダに基づく参照クラスの割り当て

ソースファイルがFlexiLayout Studioへの読み込み前にファイルシステム内の別のフォルダにソートされた場合、ストレージシステム内の該当するフォルダに対応する参照クラスを新規作成して割り当てることができます。この操作を実行するには:

  • フォルダからイメージを追加 コマンドを使用します。
  • ファイルの読み込み後、 ソースフォルダで参照クラスを設定 コマンドを使用してファイルにクラスを割り当てます 。

画像の一部に基づく参照フォルダの割り当て

未ソートの画像の大きなバッチを処理するには、画像の一部に参照クラスを割り当てて、それを残りの分類に利用します:

  1. 参照クラスを画像の一部に割り当てます (ショートカットメニューの 参照クラスを設定 コマンド)。
  2. リコール優先順により、手動割り当て画像を使用して分類子をトレーニングします(詳細については、 適合率と再現率の相反関係 参照)。
  3. バッチの残りを分類し、その結果をクラスに従ってソートします( 分類結果 列 )。
  4. 分類結果を点検します。クラスを正しく識別した文書に、 参照として分類結果クラスを設定 コマンドを使用します。残りに参照クラスを手動で割り当てます。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article