Japanese (日本語) - Change language

ABBYY FlexiLayout™ Studioインターフェース

ABBYY FlexiLayout Studioのグラフィカルユーザーインターフェースにより、FlexiLayout要素とブロックを作成し、そのプロパティを指定、調整し、新たに作成されたFlexiLayoutを文書画像と合致させた結果を表示することができます。

お使いの画面のレイアウトによって、メインウィンドウのレイアウトが異なる場合がございます。ウィンドウのタイトルバーまたはツールバーの境界をクリックして、所望の位置までドラッグし、メインウィンドウの表示をカスタマイズすることができます。 表示 → ステータスバー を選択すると、ウィンドウの下部のステータスバーが切り替わります。

ウィンドウ内部を右クリックすると、対応するショートカットメニューが表示されます。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article