Japanese (日本語) - Change language

サンプル3。ステップ2:画像および事前認識結果の視覚的分析

要素を作成する前に、文書のどのオブジェクトがデータフィールドの検出に役立つかを判断しなければいけません。これらのオブジェクトは、 事前認識 中に高い信頼性で検出される画像の図形または段落からしか選択できません。

事前認識をクリックして事前認識を開始します(詳細は 学習1、ステップ4 参照)。

事前認識結果を確認することで、データフィールド名(フィールド名がある場合)、列名、および横区切りに対応するすべてのテキストオブジェクトが、高い信頼性で検出されていることがわかります。従って、画像の他のオブジェクトの検索に使うことができます。

注意: 画像および事前認識結果の確認の詳細は、 学習1、ステップ5 および ステップ6 をご覧ください。

これで、ブロックおよび要素を作成できるようになりました。ABBYY FlexiLayout Studioのメインウィンドウで、FlexiLayoutウィンドウをアクティブにします。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article