Japanese (日本語) - Change language

区切り文

文は「;」(セミコロン)で区切られます。

複合文

複合文の形成で、1つまたは複数の文を波括弧で囲むことができます。複合文は一般的に「ブロック」と呼ばれます(FlexiLayoutブロックと勘違いしないでください)。

条件文

コードを入力するセクションでは、if条件文を使用できます。

If文は条件枝を制御します。式の値がtrueの場合、If文の本文が実行されます。If文の構文には2つの形式があります。

Syntax

selection-statement :

if ( expression ) then statement

if ( expression ) then statement else statement

どちらの形式のif文でも、式が評価されます。

最初の形式の構文では、expressiontrueの場合に、statementが実行されます。expressionがfalseの場合は、statementが無視されます。elseを使用する2番目の形式の構文では、2番目のstatementが、expressionfalseの場合に実行されます。

繰り返し文

コードを入力するセクションでは、文の繰り返しを使用できます。

for文はループを制御します。式の値がtrueの間、ループが実行されます。

Syntax

iteration statement :

for <var-name> from <from-expr> to <to-expr> [ step <step-expr>]

<statement>

<var-name>カウンタの名前は必須です。この名前は、上記の文の変数名と異なる必要があります。カウンタの範囲はループの本文です。ループ内では、カウンタの値を変更したり、カウンタと同じ名前の変数を宣言したりできません。

最初のfrom-exprおよび最後のto-exprカウンタ値はループの最初の繰り返しが実行される前に、推定されます。その後、無限ループを避けるために整数型の定数として扱われます。

stepパラメータはオプションです。step値が指定さていない場合、ステップは1と見なされます。ステップ値とその最終値および最終値は、ループの開始時に1回推定されます。ステップの符号に応じて、繰り返し条件が選択されます。正のステップ値では、以下の条件を実行する必要があります:<var-name> ≤ <to-expr>, 負のステップ値では、以下の条件を実行する必要があります:<var-name> ≥ <to-expr>.ステップ値はゼロにすることはできません。そうでない場合はエラーメッセージが表示されます。

<statement>は単一文または波括弧で囲まれたブロック(複合文)にできます。

ループ内で以下の文を使用することもできます:

  • break - ループを中断
  • continue – ループの次の繰り返しへ移動。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article