Japanese (日本語) - Change language

試験画像の追加、表示、削除

画像の追加

バッチへの画像追加に使える3つのコマンドがあります:

  • 画像を追加...バッチに1つまたは複数の画像を追加します。
  • フォルダから画像を追加...指定したフォルダの全画像をバッチに追加します。
    • FLSプロジェクトからページをインポート指定したフォルダのFSPおよびFCPプロジェクトから画像をインポートします。画像はプロジェクト内のすべてのバッチからインポートされます。
    • サブフォルダから画像を追加サブフォルダから画像を追加します。
  • FLSプロジェクトからページをインポート...既存のFlexiLayout Studioプロジェクトからページをインポートします。プロジェクトに複数のバッチが含まれる場合は、画像をインポートするバッチを選択するよう求められます。画像のインポートにこのコマンドを使用すると、ページに関連付けられているクラスまたは代替レイアウトに関する情報は保持されます。既存のFlexiLayout Studioプロジェクトからの事前処理結果もインポートされます。

上記のコマンドは、ファイルメニューおよびバッチペインのショートカットメニューで使用できます。また、新しいバッチを作成する時にバッチペインのボタンとしても使用できます。

画像を既存のプロジェクトにインポートすると、新しいバッチが作成され、ページがそのバッチに追加されます。

画像処理設定

画像の追加時に、画像の処理を指定できます。画像を開くダイアログボックスで、画像の事前処理の設定ボタンをクリックし、表示されるダイアログボックスで必要な設定を選択します。

参照文書に組むで、参照文書組み込みの仕方を指定できます:

  • ファイルあたり1文書各画像ファイルで個別の文書を作成します。
  • ページカウントによるグループ化指定された数の画像ファイルから文書を作成します。詳細は、参照組み込みをご覧ください。

画像処理で、追加的に画像処理を設定できます:

  • 追加時に画像を事前認識追加直後に自動的に画像が認識されます。

画像処理では、アップロードした画像の画像補正プロファイルを指定することができます。

基本的な画像処理基本画像処理設定の使用法。設定...をクリックすると、表示されます。

詳細

  • 画像強調プロファイルを使用する以前に作成した画像補正プロファイルを適用してください。処理対象の画像の中に写真がある場合、写真専用に設計された補正を適用することができます。そのためには、写真の特別プロファイルを使用するオプションを選択して、適切な二次プロファイルを選択してください。

PDFファイルの処理では、下記のオプションが使用できます:

  • 自動(FlexiLayout StudioがPDFテキストレイヤーかOCRかを選択)テキストレイヤーの可用性と品質に応じて、適切なファイル処理オプションを自動選択します。
  • 可能な限りPDFテキストレイヤーを使用使用可能なPDFテキストレイヤーを使用します。
  • OCRのみを使用使用可能なテキストレイヤーがある場合でも、光学文字認識を実行します。

オフィス文書の処理で、共通オフィス形式のインポート設定を指定することができます。共通で使用されているオフィス形式のファイルをインポートする場合、独自の変換モジュールまたは第三者ソフトウェアでそれらがPDFに変換されます。

第三者ソフトウェアを使用してPDFに変換するには、次のいずれかまたは両方のオプションを選択します:

  • LibreOffice®の使用を許可(LibreOffice 4.2、4.3、4.4、および5をサポートしています)
  • Microsoft® Officeの使用を許可(Microsoft Office 2010、2013、および2016をサポートしています)

注意:

  1. 処理結果は、選択した第三者ソフトウェアによって異なります。
  2. 両方のオプションが選択されている場合、最適なオフィスアプリケーションが自動的に選択されます。選択したアプリケーションはそれぞれのタスクログに表示されます。
  3. Microsoft® Officeの使用を許可オプションが選択されている場合:
      • Microsoft Officeのコピーをアクティブにする必要があります。
      • 管理者として実行しなければいけません(認証...ボタンをクリックして、認証設定ダイアログボックスを開きます)。

参照代替またはクラスの指定

参照代替またはクラスはどんな時に使ったらいいですか?

画像インポートの設定はいつ適用されますか?

ページインポート設定

ページインポート設定ダイアログボックスで、既存のFlexiLayout Studioプロジェクトから画像をインポートする方法を設定できます。

バッチグループのオプションは、新しい画像が追加されるバッチを決めます。

  • すべてのページを現在のバッチにインポート検出されたすべてのバッチのすべての画像が、現在のバッチに追加されます。
  • 新しいバッチを作成新しいバッチを作成し、検出されたすべてのバッチの画像を、新しいバッチに追加します。

ページクラスグループのオプションは、参照代替またはクラスの作成方法を決めます。

ページ参照代替/クラスを維持(チェックが入っていない場合は<None>に設定されます)は、インポートされたページの参照代替またはクラスに関する情報をインポートするかを決めます。これが選択されていない場合、インポートされたページの参照代替またはクラスに関する情報はプロジェクトに追加されません。

  • 同じ名前が存在する場合に同じ名前の代替/クラスを使用: 画像がインポートされているプロジェクトで参照代替またはクラスが見つかり、その名前が現在のプロジェクトの参照代替またはクラスの名前と合致する場合、新しい参照代替またはクラスは作成されず、既存の参照代替またはクラスが使用されます。
  • 常に新しい代替/クラスを作成: 画像がインポートされているプロジェクトで参照代替またはクラスが見つかり、その名前が現在のプロジェクトの参照代替またはクラスの名前と合致する場合、新しい参照代替またはクラスが作成され、プレフィックスがその名前に追加されます。プレフィックス設定は、新しい代替/クラス名プレフィックスオプショングループにあります(以下参照)。古い参照代替(画像がインポートされているプロジェクトで検出されたもの)のヘッダーとフッターは、新しく作成された方にインポートされます。古い参照代替の他の要素はインポートされません。

新しい代替/クラス名プレフィックスグループのオプションは、新しい代替またはクラスの名前の付き方を決めます。

  • プロジェクト名: 新しい代替の名前は、現在のプロジェクトの名前と、画像がインポートされているプロジェクトの参照代替またはクラスの名前の組み合わせです:<Project name>_<Original name of alternative or class>。従って、現在のプロジェクトの名前がHalloween_Formと付き、古いプロジェクトの画像にMain_Groupという名前の参照代替またはクラスがある場合、Halloween_Form_ Main_Groupという名前の参照代替は画像がインポートされる時に作成されます。
  • カスタムプレフィックス: 新しい代替の名前は、指定したカスタムプレフィックスと、画像がインポートされているプロジェクトの参照代替またはクラスの名前の組み合わせです:< Custom prefix >_<Original name of alternative or class>。従って、現在のプロジェクトの名前がHalloween_Formと付き、指定したカスタムプレフィックスがMy_Prefixで、古いプロジェクトの画像にMain_Groupという名前の参照代替またはクラスがある場合、My_Prefix_ Main_Groupいう名前の参照代替は画像がインポートされる時に作成されます。

画像の表示と削除

ページ画像を開くには、バッチペインでページ画像をダブルクリックします。

プロパティダイアログボックスに開いた画像のプロパティを表示できます。

指定数のページに進むには、メインメニューから画像 → ページに進む...を選択して、所望のページ数を入力します。

バッチから1ページまたは複数ページを削除するには、バッチペインでページを選択し、バッチメニューまたはバッチのショートカットメニューからページを削除を選択します。

Windowsエクスプローラのドラッグ・ドロップ機能を使用してバッチに画像を追加することもできます。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article