Japanese (日本語) - Change language

あいまい矩形を作成する関数

検索領域を制限する関数で記述されるRestrictSearchArea( FuzzyRect fuzzyRect )関数により、検索領域をあいまい矩形に制限できます。

以下の表は、あいまい矩形を得るのに使用できる関数を示しています。

機能 記述
HorSearchAreaBound LeftBound()

検索領域の左境界の制限を設定するために使います。

Expressions of type LeftBound() > XCoordinate return FuzzyRect.

VertSearchAreaBound TopBound()

検索領域の上部境界の制限を設定するために使います。

Expressions of type topBound() > YCoordinate return FuzzyRect.

HorSearchAreaBound RightBound()

検索領域の右境界の制限を設定するために使います。

Expressions of type RightBound () > XCoordinate return FuzzyRect.

VertSearchAreaBound BottomBound()

検索領域の下部境界の制限を設定するために使います。

Expressions of type BottomBound () > YCoordinate return FuzzyRect.

FuzzyRect AreaLeftOf( XInterval x, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点x.End – offsetの左にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaLeftOf( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点rect.Left.End – offsetの左にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaLeftOf( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.Rect.Left.End – offsetの左にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaLeftOf( HypothesisInstances hyps, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyps.Rect.Left.End – offsetの左にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaRightOf( XInterval x, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点x.Start + offsetの右にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaRightOf( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点rect.Right.Start + offsetの右にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaRightOf( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.rect.Right.Start + offsetの右にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaRightOf( HypothesisInstances hyps, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.rect.Right.Start + offsetの右にある垂直半面です。
FuzzyRect AreaAbove( YInterval y, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点y.End - offsetの上にある水平半面です。
FuzzyRect AreaAbove( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点rect.top.End - offsetの上にある水平半面です。
FuzzyRect AreaAbove( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.Rect.top.End - offsetの上にある水平半面です。
FuzzyRect AreaAbove( HypothesisInstances hyps, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.Rect.top.End - offsetの上にある水平半面です。
FuzzyRect AreaBelow( YInterval y, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点y.Start + offsetの下にある水平半面です。
FuzzyRect AreaBelow( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点rect.Bottom.Start + offsetの下にある水平半面です。
FuzzyRect AreaBelow( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.Rect.Bottom.Start + offsetの下にある水平半面です。
FuzzyRect AreaBelow ( HypothesisInstances hyps, Distance offset = 0 ) 全体座標のあいまい矩形を返します。これは、点hyp.Rect.Bottom.Start + offsetの下にある水平半面です。
FuzzyRect ImageLeftOf( XInterval x, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点x.End – offsetの左にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaLeftOfを使用します( XInterval x, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageLeftOf( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点rect.Left.End – offsetの左にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaLeftOfを使用します( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageLeftOf( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点hyp.Rect.Left.End – offsetの左にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaLeftOfを使用します( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageRightOf( XInterval x, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点x.Start + offsetの左にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaRightOfを使用します( XInterval x, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageRightOf( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点rect.Right.Start + offsetの右にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaRightOfを使用します( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageRightOf( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点hyp.rect.Right.Start + offsetの右にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaRightOfを使用します( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageAbove( YInterval y, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点y.End - offsetの上にある水平半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaAboveを使用します( YInterval y, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageAbove( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点rect.top.End - offsetの上にある水平半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaAboveを使用します( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageAbove( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点hyp.rect.top.End - offsetの左にある垂直半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaAboveを使用します( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageBelow( YInterval y, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点y.Start + offsetの上にある水平半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaBelowを使用します( YInterval y, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageBelow( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点rect.Bottom.Start + offsetの下にある水平半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaBelowを使用します( FuzzyRect rect, Distance offset = 0 )。

FuzzyRect ImageBelow( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )

あいまい矩形を返します。これは、ページの矩形と点hyp.rect.Bottom.Start + offsetの下にある水平半面の交わる場所です。

重要!この関数は、文書のページの最大数および最小数が1に設定されている場合すなわち検出された文書に1ページしかない場合にしか、使用されません。この関数を多ページ文書に使用すると、FlexiLayoutの合致でエラーが返されます。

多ページ文書では、関数FuzzyRect AreaBelowを使用します( Hypothesis hyp, Distance offset = 0 )。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article