Japanese (日本語) - Change language

FlexiLayoutのデバッグ

ブロックや要素を追加する時に、FlexiLayoutをデバッグすることをおすすめします。FlexiLayoutを試験するには、これを構築し、すべての試験画像と合致させます。FlexiLayoutにエラーがなく、すべてのオブジェクトとブロックが検出可能であることを確認します。

FlexiLayoutは画像で要素やブロックを見つけられないかもしれません。検索されたオブジェクトが検索領域の外にあったり、要素で指定されたパラメータと合致しないことが理由です。従って、FlexiLayoutのデバッグでは、エラーのある画像を見つける、記述を調整する、画像に再度適用する必要があります。修正されたFlexiLayoutは、問題ページ(エラーが修正されたことを確認するため)と他のページ(修正で悪影響が及んでいないことを確認するため)の両方に適用されなければいけません。

また、新しい要素を追加する時、試験バッチのすべてのページで正しく合致していることを確認してください。つまり、FlexiLayoutの作成中に何度も合致結果を確認するということです。バッチにたくさんの画像がある場合、この手順は面倒かもしれません。FlexiLayoutのデバッグを楽にするために、参照レイアウトすなわち正しいと考えるレイアウトおよびベンチマークとして使うレイアウトを作成することができます。FlexiLayoutを参照レイアウトの使用可能なページと合致させる時、ベンチマークと合致結果(合致したレイアウト)の差異が自動的に検出されます。参照レイアウト合致したレイアウトの差異は、各レイアウトのブロック面積のパーセント比として表されます。できるだけ合致したレイアウト参照レイアウトに近づけなくてはいけません。合致したレイアウトおよび参照レイアウトの完全な合致は、バッチ ウィンドウの領域なしおよび余剰領域列の0%値に対応します。これらの列の割合が高いほど、合致が悪化します。

参照レイアウトを使用してFlexiLayoutをデバッグすることができます。

FlexiLayoutを試験する時に要素を無効化できます(FlexiLayout → 要素 → 無効化)。また、画像でアクティブになっているブロックまたは要素を非表示にできます( 閲覧 → 画像 → アクティブなブロックまたは要素を非表示)。

詳細:

FlexiLayoutの構築

FlexiLayoutの合致

参照レイアウト

要素の無効化

試験要素

FlexiLayoutのバックアップコピー

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article