Japanese (日本語) - Change language

通貨

Parameter 記述
Void AllowFractionalPartOmission( Logic )

数値に小数部を付けるかを指定します。

通貨ダイアログボックス少数部なしを許容プロパティをご覧ください。

Void AllowSeparatorOmission( Logic )

数値に小数部区切りを付けるかを指定します。

通貨ダイアログボックス区切りなしを許容プロパティをご覧ください。

Void CurrencyNames( String )

可能な通貨名を指定します。バリエーションは縦線(「|」)で区切ります。

通貨ダイアログボックス通貨名プロパティをご覧ください。

例えば:

Void CurrencyOmissionQuality( Real )

通貨名なしに対してペナルティを設定します。

通貨ダイアログボックス名前なしペナルティプロパティをご覧ください。

Void CurrencyPosition( CurrencyPositionTypes )

通貨名の位置を、数値の左または右に設定します。

通貨ダイアログボックス通貨名位置プロパティをご覧ください。

例えば:

Void FindOnlyIntegers( Logic ) 整数のみを検索します。区切り関数で(または該当するダイアログボックスで)設定される記号は無視されます。AllowSeparatorOmissionはtrueに自動的に設定され、AllowFractionalPartOmissionはfalseに自動的に設定されます。
Void MaximalValue( Real )

最大数値を設定します。

通貨ダイアログボックス最大値プロパティをご覧ください。

Void MaxXOutsidePart( Real ) 検索領域を横に超えて伸びる可能性のある文字の部分を指定します。文字の一部は0~1の数字で指定されます。これらの文字は、検索領域外に指定された部分またはより小さい部分がある仮説に含まれます。
Void MaxYOutsidePart( Real ) 検索領域を縦に超えて伸びる可能性のある文字の部分を指定します。文字の一部は0~1の数字で指定されます。これらの文字は、検索領域外に指定された部分またはより小さい部分がある仮説に含まれます。
Void MaxRelativeGapInLine( Real ) 隣接する文字間の最大距離を、行の高さの割合として表現します。
Void MinimalValue( Real )

最小数値を設定します。

通貨ダイアログボックス最小値プロパティをご覧ください。

Void Separators( String )

数値の整数部分や小数部分を区切るために使用する記号を設定します。

通貨ダイアログボックス可能な小数部区切りプロパティをご覧ください。

例えば:

Void AllowedTextRotations ( TextRotations ) 要素検索が許可されている認識されたテキストの方向のセットを指定します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article