Japanese (日本語) - Change language

ブロックの作成、編集、削除

新しいブロックを作成するには:

  1. FlexiLayout ウィンドウに切り替えます。
  2. FlexiLayout ツリーで ブロック 枝を選択します。
  3. FlexiLayout メニューで、 ブロックを追加 > [ブロックの種類 ]を選択します(またはショートカットメニューで 新規 > [ブロックの種類] を選択します)。
  4. ダイアログボックスで、ブロックのプロパティを指定します:
    • レイアウト用 リストで、検索領域が指定されたレイアウト代替を選択します。
    • ブロックの区域が要素の区域と一致する場合は、 ソース要素 を選択して をクリックします。 要素を選択 ダイアログボックスで、区域がブロックの区域と一致する要素を選択します。繰り返しグループを参照要素として選択する場合は、 繰り返しインスタンス ドロップダウンリストからインスタンスを選択します。 AllInstances の値を選択する時は、ブロック区域が不連続になる可能性があるため、ブロックのプロパティで 繰り返しインスタンスあり オプションを確認します。
      注意: 認識を容易にするため、テキストブロックの区域は、ソース要素の区域よりも各方向に1ドット大きくなっています。
    • ブロックの区域がどの要素の区域とも一致しない場合は、 表現 を選択して 表現 フィールドにコードを入力します。 確認 をクリックして、エラーのコードを確認します。

注意: 要素を作成する前にブロックを作成できます。この場合、座標を直接入力するだけで画像のブロックの位置を指定できます。ただ、多くの場合、ブロック座標は予測不可能であり、ブロックの位置は画像オブジェクトの位置を通してしか記述できません。

ブロックのプロパティを編集するには:

  1. FlexiLayout ウィンドウに切り替えます。
  2. プロパティを編集するブロックを選択します。
  3. ブロックを右クリックし、ショートカットメニューから プロパティ... を選択します。
    注意: また、ブロックをダブルクリックして プロパティ ダイアログボックスを表示することもできます。
  4. 必要な変更を行います。
    注意: ブロックの名前と区域のみを変更できます。ブロックの種類は変更できません。

ブロックを削除するには:

  1. FlexiLayout ウィンドウに切り替えます。
  2. 削除するブロックを選択します。複数のブロックを選択するには、 Ctrl キーを押したまま削除するブロックをクリックします。枝のいくつかの連続するブロックを選択するには、 Shift キーを押したまま削除する最初と最後のブロックをクリックします。
  3. ブロックを右クリックし、ショートカットメニューから 削除 を選択します。

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article