Japanese (日本語) - Change language

検索領域の幾何学

便利なように、検索制限が、要素とその親グループ要素の 検索制限 および 関係 タブで指定されていないとします。この場合、 高度な検索前関係 セクションから制限が適用される前に、要素の検索領域はページの矩形と一致します。高度タブに追加の制限がない場合、ページ全体の要素が検索されます。

上記の 検索制限 に記述される種類1、2、4の制限の適用で、矩形配列からなる検索領域が作成されます。指定された矩形(除外矩形)のセットを除外しなければならない、配列全体に外接する1つの矩形からなる検索領域が取られます。

上記の 検索制限 に記述される種類3の検索制限の適用で、仮説の上下左右の各境界で許容される座標範囲が作成されます。各境界は、[x1, x2]または[y1, y2]などの対応する軸の座標の範囲で特徴付けられます。XCoordinate型のx1とx2、YCoordinate型のy1とy2がここにあります。軸のセクションは次の条件を満たす必要があります: X-coordinateでx1 <= x2、Y-coordinateでy1 <= y2。

複数の制限が境界に連続的に適用される場合、各制限は境界で許容される座標の範囲を変更します。

高度な検索前関係 セクションに以下の制限を含めるとします:

  • LeftBound > 5mm;
  • LeftBound < 15mm;
  • LeftBound < 10mm;

上記制限が適用される前に、検索領域がページの矩形[PageRect.Left, PageRect.top, PageRect.Right, PageRect.Bottom]と一致するとします。すると、要素境界の座標範囲は:

これらの制限を実行する前に検索領域は指定しないとします。すると、1ページのFlexiLayout(文書の最大および最小許容ページ数は1)の場合、検索領域はページの矩形[PageRect.Left, PageRect.Top, PageRect.Right, PageRect.Bottom]と一致します。複数ページのFlexiLayoutの場合、検索領域の最大サイズは[-INF, -INF, INF, INF]です。要素境界の座標範囲は以下のようになります:

Boundary Range for one-page FlexiLayout Range for multi-page FlexiLayout
LeftBound [PageRect.Left, PageRect.Right] [-INF, INF]
TopBound [PageRect.Top, PageRect.Bottom] [-INF, INF]
RightBound [PageRect.Left, PageRect.Right] [-INF, INF]
BottomBound [PageRect.Top, PageRect.Bottom] [-INF, INF]

制限LeftBound > 5mmが実行されると、左境界のみが変更されます。可能な値の範囲は、1ページFlexiLayoutでセグメント[5mm, PageRect.Right]、複数ページFlexiLayoutでセグメント[5mm, INF]になります。

制限LeftBound > 5mmが適用された後、左境界のみが変更されます。許容座標は[5mm, PageRect.Right]です。

制限LeftBound < 15mmが適用された後、左境界の許容座標範囲は[5mm, 15mm]です。

制限LeftBound < 10mmが適用された後、左境界の許容座標範囲は[5mm, 10mm]です。

同様に、要素の他の境界でも制限を設定できます。

いわゆる あいまい矩形 からの検索領域の指定境界。

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article