Japanese (日本語) - Change language

分類シナリオ

ABBYY FlexiCaptureの分類機能を下記の決定に使用することができます:

  • 文書タイプ (例:着信文書を請求書とパスポートに分類するように、プログラムを設定することができます)
  • 文書バリアント (例:プログラムを、請求書を発行元のベンダーで識別したり、運転免許証の発行国を区別したりするように設定できます)
  • ある文書が終了し、別の文書が開始する場所 (例:プログラムを、各タイプの文書ページを「1ページ目」と「その他のページ」に区分するように設定できます)。

ABBYY FlexiCaptureの分類機能は、下記のシナリオの実行に使用することができます :

  • 着信文書の自動ソート

例: ある企業では、 下記の2種の文書、請求書と契約書の着信があります。ABBYY FlexiCaptureの仕事は、文書の種類ごとに自動的に分離することです。 次に、ソート済みの文書が、その処理を担当する適切な部門に転送されます。 請求書を法務部門に転送するべきではありません。そうすると文書は契約部門の弁護士に誤送され、会計部門による処理が遅れることになります。

  • ページ画像の文書への組み込みと、その後の自動ソート

例: ある企業では、ページをスキャンしますが、スキャニング時に 文書に組み込むわけではえありません。その代わりに、分類機能が使用され、ページが分類されます。ABBYY FlexiCaptureが、分類済みのページを文書に組み込み、各文書のタイプを決定します。  

  • 処理が必要な文書の検出

例: ある企業では、 借用申込書など、具体的な事例に関連する各種文書を含むPDFファイルを受領します。ABBYY FlexiCaptureの仕事は、特定の種類の文書(例:パスポート)を検出し、そのタイプの文書からだけフィールドを抽出し、 他のページを検索可能なPDFファイルに保存することです 。

  • サポート要請の処理

例: ある銀行では、お客様から各種のサポート要請を受けます。サポート要請は、その内容を基に自動的に分類されます(例:新規支払いの詳細、残高不足、クレジットカード紛失など)。緊急の要請は、緊急ではない要請と分離された上で、各サポート専門家に転送されます。

09.10.2020 8:50:46


Please leave your feedback about this article