Japanese (日本語) - Change language

サンプル4。ステップ5.2:Delivery Addressフィールド名、kwDeliveryAddress要素

画像を調べると、以下に気づくでしょう:

  • 対象のフィールドは常に最初のページ、ページの最初の部分にあります。従って、検索領域を最初のページに制限して矩形領域を指定する絶対座標を使用することができます。
  • AddressHeaders.txtファイルをテキストの検索に使用します。
    注意:GUIおよびFlexiLayout言語の両方により、データベースとテキストファイルを使用して画像で探すテキスト行を指定することができます。テキストファイルでは、ANSIまたはUnicodeエンコーディングのいずれかを使用できます。大文字小文字は検索には影響をおよぼさず、テキストを読みやすくするためだけに使用されます。各検索文字列は別々の行に配置します。空の行は無視されます。
  • 最大エラー割合を20に設定することができます。これは各フレーズで3つ以下のエラーを意味します。
    注意:最適なエラー数は試行錯誤しないと到達できません。静的テキスト要素の詳細は、静的テキストをご覧ください。

KwDeliveryAddress要素を作成するには:

  1. InvoiceHeader要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をkwDeliveryAddressと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. ファイルからテキストを検索を選択してAddressHeaders.txtファイルへのパスを入力します(フォルダ %public%\ABBYY\FlexiCapture\12.0\Samples\FLS\English\Invoice\Dict)。
    テキストファイルはその名前でアクセスされます。名前は絶対、相対のどちらでもかまいません。相対名は、FlexiCaptureプロジェクトフォルダ(*.fcprojファイルを含むフォルダ)またはFlexiLayout Studioプロジェクトフォルダ(画像を含むフォルダ)に関連して指定されます。

    表示...

  1. 最大エラー割合を20に設定します。
  2. 検索制限タブをクリックして、最初のページの矩形検索領域を指定する絶対座標を使用します:
    • 選択絶対検索領域制限
    • ページフィールドで、範囲をドロップダウンリストから選択します
    • 範囲フィールドで、1と入力します
    • 領域フィールドで、矩形座標[1, 1, 2475, 1878]を指定します
    • 検索領域のプロパティを指定したら、追加...をクリックします。検索領域は検索領域リストに表示されます
  3. 高度タブをクリックして、高度な検索前関係
    WholeWordMode: true;// テキストオブジェクト全体のみが可能な仮説として扱われます
  4. InvoiceFooter要素を一時的に除外してFlexiLayoutを合致させます。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article