Japanese (日本語) - Change language

サンプル3。ステップ14:HsTableHeaderTop要素で補助横区切りを検出

hsTableHeaderTop要素を作成するには:

  1. 種類区切りの要素を作成して名前をhsTableHeaderTopと付けます。
  2. 区切りタブをクリックします。
  3. 向きグループで、オプションをクリックします。
  4. 最小長さ / 最大長さを1500 / 2500に設定します。
  5. 検索領域内に完全に合わせるオプションをクリックします。
  6. スペース最大長さを20に、直交シフトを20に設定します。
    注意:区切りの長さの値を設定する前に、事前認識で検出された隣接オブジェクトの幾何学的特性(すなわちサイズと境界)を分析したいと思うかもしれません。区切りエラー閾値は試行錯誤で選択されます。
  7. 要素の他のパラメータでは、デフォルト値をそのままにしておきます。

    表示...

  1. 関係タブをクリックします。
  2. 区切りは名前kwInvoiceDateおよびkwInvoiceNumberのキーワードの下にしか発生しないため、以下の検索制限を設定します:
    • 要素InvoiceHeader.kwInvoiceDate, オフセット = 0;
    • 要素InvoiceHeader.kwInvoiceNumber, オフセット = 0;
  3. 高度タブをクリックします。
  4. 求められた区切りは記述された検索領域の上部に位置しているため、以下の高度な検索前関係フィールドで追加的な検索制限を設定します:この上部境界に最も近い画像のオブジェクトを探します。FlexiLayout言語では:
    NearestY: PageRect.Top;
    注意:最も近い制限は、プログラムのグラフィックなユーザーインターフェースで指定することもできます。関係タブをクリックして、最も近いを選択し、先: ドロップダウンリストでページ上端を選択します。
  5. FlexiLayoutを試験画像と合致させて、すべての画像の要素が正常に検出されていることを確認してください。

12/1/2020 7:04:03 AM


Please leave your feedback about this article