Japanese (日本語) - Change language

要素パラメータのトレーニング

トレーニング要素は、単純な種類の要素で個別のパラメータ設定を自動化するために使います。必要に応じて、簡単に新しい要素をトレーニングしたり、前に作成した要素のパラメータを修正したりできます。

トレーニング要素を有効にするには:

  • 要素をトレーニングするには、複数のページで正しい 参照レイアウト または 合致したレイアウト が必要です。
  • トレーニングセットに含めるすべてのページは、 バッチ タブで トレーニングに使用 としてマークします。

注意: 新規作成(Ctrl+Space) ツールを使用して新しい要素を作成し、その区域を画像で描画したり、 場所を描画 ツールを使用して既存の要素の位置を描画したりできます。

要素のトレーニングを始めるには:

  1. 要素のショートカットメニューから、 要素をトレーニング → 要素パラメータをトレーニング を選択します。 トレーニングされた要素パラメータを選択 ダイアログボックスが開きます。
  2. このダイアログボックスに、トレーニングされた要素のパラメータとその値が表示されます。依存パラメータの名前はインデントされています。

  1. 表示 ドロップダウンリストから、 変更されたパラメータのみ オプションを選択して、トレーニング中に変更されたパラメータのみを表示するか、または すべてのパラメータ を選択して、要素のすべてのパラメータを表示します。
  2. パラメータ名左のボックスにチェックを入れて、このパラメータのトレーニング結果を使用します。 パラメータ名 キャプションの隣のボックスにチェックを入れて、変更されたすべてのパラメータを選択できます。
  3. 変更を適用 ボタンをクリックして、選択したパラメータの新しい値を保存します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article