Japanese (日本語) - Change language

分類

ABBYY FlexiCapture 12には、FlexiLayout StudioでFlexiLayoutsを作成せずに文書を分類し、そのタイプとバリエーションを検出できる技術があります。分類は、文書をソートし、すべての入力文書の中から特定の文書を検出し、ページを文書にアセンブルするために使用できます。

分類シナリオ

ABBYY FlexiLayout Studioを使用して、ページ上のテキストやビジュアルオブジェクトを処理するためのルールなど、分類結果の詳細な分析と分類子の微調整用のツールを提供します。

FlexiLayout Studioでの分類子の開発

ABBYY FlexiCapture 12には、画像(視覚的に区別できる文書用)とそのテキストに基づいて文書を分類するためのトレーニング可能な技術が含まれています。これらの技術を自動的に組み合わせることができます。その場合、分析された文書の性質に基づいて最適な技術が選択されます。

分類プロファイル

いくつかの分類シナリオはリコールよりも精度を優先し、他ではリコールの方が重要なこともあります。このプログラムでは、リコールよりも精度の方に優先順位を付けたり、精度よりもリコールの方に優先順位を付けたり、または両者のバランスを取ったりすることができます。

適合率と再現率の相反関係

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article