Japanese (日本語) - Change language

検索の管理

定義 記述
Void Optional( Real q1, Real q2 ) 要素をオプションにします。q1パラメータは、帰無仮説の質を設定します。q2パラメータは、帰無仮説を立てるための基準を設定します: 質が一定の閾値を超える他の仮説が作成されなければ、帰無仮説が立ちます。
Void StopIfFound ( Logic Value=true )

所定の要素の非帰無仮説が含まれている場合、枝に仮説を生成することを停止します。

詳細は、 必須、オプション、禁止の要素 セクションをご覧ください。

Void DontFind() 要素を検索しないよう指示するものです。要素がオプションの場合、帰無仮説のみが立ちます。
Void MaxHypothesesCount( Int ) 要素の仮説の最大数を設定します。

01.12.2020 7:04:03


Please leave your feedback about this article