Japanese (日本語) - Change language

サンプル4。ステップ6.4:文書の最後の部分、ShortFooter要素

ShortFooter要素を作成するには:

  1. InvoiceFooter要素で、種類静的テキストの要素を作成して名前をShortFooterと付けます。
  2. 静的テキストタブをクリックします。
  3. テキストを検索フィールドで、検索するテキストを入力します:Total
  4. 検索制限タブをクリックし、既に検出されたExtraTag要素をShortFooter要素の検索領域から除外します。これにより、表の名前で単語「Total」が見つかることを防げます:
    • 要素区域を除外フィールドの隣の追加...ボタンをクリックします。
    • 要素のリストからExtraTagを選択します。
    • OKをクリックします。SearchElements.InvoiceFooter.ExtraTag 文字列が要素区域を除外フィールドに表示されます。
  5. 検索テキストは常に記述列の名前の下にあるため、関係タブをクリックして以下の関係を指定します:
    • AddTag要素, オフセット = 100;
  6. LongFooterが検出されなかった場合にのみ、ShortFooter要素を検索することに決めていました。この条件を実装するには、高度な検索前関係で以下のように指定します:LongFooterが検出されていない場合、要素を検索しないFlexiLayout言語では、以下のように書きます:
If not LongFooter.IsNull then Dontfind();
  

11/10/2020 12:08:07 PM


Please leave your feedback about this article