Japanese (日本語) - Change language

相対検索領域

要素のプロパティダイアログボックスの関係タブで、他の要素に関連する検索領域を指定できます。

プロパティダイアログボックス、関係タブを表示

新しい要素を作成すると、プロパティダイアログボックスが表示されます。

  • 新しい関係を追加するには、追加ボタンをクリックします。新しい関係を追加...ダイアログボックスが開きます。
  • 前に作成した関係を編集するには、編集をクリックします。
  • 選択した関係を複製する場合は、重複をクリックします。
  • 選択した関係を削除するには、削除ボタンを使用します。

既存の要素のプロパティダイアログボックスを開くには:

  • 要素ツリーで所望の要素を右クリックし、ショートカットメニュー
    プロパティ...を選択するか
  • 要素ツリーで所望の要素をダブルクリックし、ショートカットメニューでプロパティ...を選択します

プロパティダイアログボックスで、関係タブをクリックします。

他の要素に関連する検索領域の境界を指定

関係を追加または編集するダイアログで、関係パラメータを指定します:

  1. 種類フィールドで、関係の種類を選択します:, , または
  2. 参照要素を、参照要素フィールドの隣のボタンをクリックして選択し、検索領域の境界を定義する相対的な要素を選択します。繰り返しグループのサブ要素に関連する検索領域の定義については、繰り返しグループのインスタンスの参照、除外、またはソース要素としての使用をご覧ください。
  3. 参照境界フィールドで、検索領域の境界を定義する相対的な要素区域境界を選択します。
  4. オフセットフィールドで、検索領域の境界のオフセット値を設定します。
  5. 関係を追加をクリックして新しい関係を追加するか、変更を保存をクリックして編集後に関係を保存します。すべての関係は関係表に表示されます。

関係パラメータを画像で選択ダイアログボックスの画像を使用して、関係の種類、要素境界、オフセットの種類(負、ゼロ、または正)を選択することもできます。ダイアログボックスを開くには、新しい関係を追加または関係を編集ダイアログボックスの選択...ボタンをクリックします。、およびタブで、要素と検索領域の相対位置や、検索領域が選択した境界種類とオフセット種類に応じてどのように変化するかを見ることができます。

ダイアログを表示

注意:参照要素として使用される要素と検索領域から除外される要素は、要素ツリーにおいて、制限が指定されている要素よりも下に配置されなければなりません。

ABBYY FlexiLayout Studioでは、複数のプロパティダイアログボックスを同時に開くことができます。検索領域の境界を定義するプロパティをコピーするには、関係表でその領域を選択し、別の要素のプロパティダイアログボックスにドラッグします。同様に、高度タブで指定された制限をコピーすることができます。

関係の可視化

関係プロパティを編集すると、または関係表で関係を選択すると、その関係が画像ウィンドウで可視化されます。参照要素は太枠で囲まれ、検索領域は緑色の背景で強調表示されます。

ダイアログを表示

境界種類およびオフセット値を編集すると、画像ウィンドウの検索領域がそれぞれ変わります。

参照レイアウトモードでは、オフセット値を変更するために、画像ウィンドウでマウスを使用してオフセット境界を直接ドラッグすることもできます。合致したレイアウトを選択すると、関係は読み取り専用モードで表示され、オフセットは画像ウィンドウで編集できなくなります。

複数の関係を選択すると、選択した関係の交わる場所が表示されます。交わる領域は緑色の背景で強調表示され、交わる領域の外は青色で強調表示されます。

例を表示

特定のオブジェクトに最も近い要素の選択

最も近いプロパティで、画像の特定の要素または点に最も近い仮説を検索すべきであること、他のすべてのものが等しいこと、が指示されます。要素の最も近いプロパティで、最も近い要素、点、または座標軸を指定します。

画像の特定のオブジェクトに最も近い要素を選択するよう指示するには、最も近いオプションを選択し、 drop-down list:ドロップダウンリストから目的のオブジェクトを選択します:要素, X座標, Y座標, , ページの上辺, ページの下辺, ページの左辺,ページの右辺要素を選択した場合は、参照要素フィールドに要素の名前を入力します。X座標またはY座標を選択した場合は、対応する座標を指定します。を選択した場合は、点の座標を指定します。最小品質パラメータは、要素仮説の最小品質を指定します。デフォルトでは、その値は帰無仮説と等しくなるように設定されています。

注意:所定の要素に最も近い要素は、要素中心の間の最短距離に基づいて選択されます。

要素の検索でのNearestおよびFuzzyQualityの使用もご覧ください。

詳細:

絶対検索領域の指定

追加的な検索制限

10.11.2020 12:08:07


Please leave your feedback about this article